‘メディア掲載’ カテゴリーのアーカイブ

【MEDIA】掲載誌のお知らせ|おきなわいちば vol.65「自分らしく住む。」

2019年5月10日 金曜日

omote

沖縄の暮らしと食を伝える雑誌「おきなわいちば」にて、アートアンドクラフトの沖縄事務所を事例とともに紹介いただきました。

omote

自分の暮らしを既製品の住まいに合わせるのではなく、住まいを自分に合わせてつくりたい。
そんな思いを抱く方々に理想の住まいを手に入れていただけるよう、お手伝いしています。
沖縄で家探しをしている方、ご自宅のリノベーションをお考えの方、ぜひ一度お声がけください。
▶︎リノベーションのご相談はこちらから

また、私たちがリノベーションし、自ら運営も手掛ける SPICE MOTEL OKINAWA も「泊まってみたいリノベの宿」としてご紹介いただいています。

omoteomote

県内にお住まいの方も、ご家族とご友人とぜひいつもと違う一日を過ごしにいらしてください。
▶︎ご予約はこちらから

誌面では、その他にもリノベーションという方法を選び、こだわりと想いの詰まった自宅に住まう方々やつくり手の心意気が、あたたかいエピソードとともに、紹介されています。
リノベーションで多様に広がる住まいのかたちを垣間見ていただけます。
ぜひお手に取ってご覧ください!
▶︎書籍の購入は書店またはこちらから

【MEDIA】掲載誌のお知らせ

2019年1月25日 金曜日

12月と1月に発売となった掲載誌を3冊ご紹介します。
—–
12/26発売|リノベーションでつくる心地よくておしゃれなわが家:Come Home! HOUSING(主婦と生活社)
こどもの頃から気になっていたという、築86年の名所マンションを購入×リノベーションされたI邸が掲載されました。室内写真はウェブサイトのWORKSからもご覧いただけます。
media181225
日本の古い家をリノベーション。時間だけが付加することのできる、味わいや趣を味方につけて、自分らしいライフスタイルを叶えた事例が盛りだくさんです。
*書籍は[コチラ] からご購入いただけます
010203
—–
1/15発売|LiVES vol.103(第一プログレス)
巻頭特集「2019年住みたい家コレクション」にて、S邸が掲載されました。室内写真はウェブサイトのWORKSからもご覧いただけます。Lives
働き方や空き家、インバウンドなど、いま話題のテーマをカタチにした新しいインスピレーションを与えてくれる住まいがピックアップされています。2019年の住まいと暮らし方はどうなる? が詰まった一冊です。
*雑誌は[コチラ] からご購入いただけます
lives103_1
lives103_2
—–
1/25発売|GO OUT LiVIN’vol.13(三栄書房)
巻頭特集「収納上手で、おしゃれな部屋」にて、戸建てをリノベーションされたW邸とA邸を再掲載いただきました。オープンな棚をこだわりの趣味で満たした住まいが取り上げられています。
GOOUT
他、アウトドア好きな家と部屋やDIYテクニックが特集された1冊です。
*雑誌は[コチラ] からご購入いただけます
GOOUT13

掲載誌のお知らせ|「時間が足りない! 」を解決する 家事がはかどる家(別冊PLUS1 LIVING|主婦の友社)

2018年3月22日 木曜日

omote
中古戸建リノベーションを選ばれたI邸が掲載されています。夫婦+こども2人暮らし。常識にとらわれず、家での過ごし方や動線・収納量・将来的な使い方など、Iさんのライフスタイルを整理する設計でつくりあげた住まいです。家事重視かデザイン重視か・・・というように、それぞれを対極に考える必要はありません!
01
02
03
いまや共働きの住まいは当たり前になりました。
本書では、これから家づくりに取り組む人にとって参考になるだろうリアルな体験談が掲載されています。家事のストレスから解放されて、自由な時間が生まれたら何をしよう?!そう考えるとワクワクしてきませんか。
*書籍は〈こちら〉から購入いただけます

掲載誌のお知らせ|GO OUT Livin’ vol.11

2018年3月10日 土曜日

3月10日発売の「GO OUT Livin’ vol.11」にて、中古戸建てを購入×リノベーションされたW邸とA邸を掲載いただきました。
cover
「好きなこと」と、部屋がテーマの今号。W邸・A邸とも趣味全開!長年のコレクションを思う存分楽しめる住まいを手に入れられました。
W邸1W邸2
「07.趣味を詰め込んだコレクターズルーム」
W邸は築54年の廃墟も同然だったRC造のビルをリノベーション。屋根裏を思わせる仕上げの空間にご主人が20年以上かけて集めてきたアイテムがずらり。会社にお勤めしながら週末はDJとして活躍しているとあって、レコードの量は膨大です。
施主による外壁や配管などハコを整える工事を経て、A&Cは室内の仕上げや造作・設備工事をお手伝いしました。ご主人の趣味部屋から一転、LDKは奥さまの好み。日本語を排除したい!と設備のほとんどが海外製というこだわりぶり。

A邸
「21.ニッポンのミッドセンチュリー」
A邸は住宅メーカーが建てた築31年の戸建て(軽量鉄骨造)をリノベーション。構造壁の関係で広々とした空間がつくりにくい中、少しでもゆったりと過ごせるようプランニング。
ご主人が1ROOM暮らしの学生時代から集めてきたという、ジャパニーズモダンの旗手たちによる数々の作品を収めるため壁面収納を造作。グレーの色味は個性あるコレクションをまとめつつ、家全体のバランスを考えて奥さまがチョイス。床は無垢のナラ材パーケットで仕上げています。

誌面ではW邸とA邸それぞれにコレクションに対する思いと、より満足できる空間を求めた先に行き着いたリノベーションについて綴られています。ぜひ手にとってご覧になってください。
こちらから購入いただけます

掲載誌のお知らせ|SPRiNG特別編集 100ROOMS

2017年9月26日 火曜日

9月20日発売の「SPRiNG特別編集 100ROOMS」(宝島社)。誌面では施主のこだわりあるインテリアが住まいとともに、スタイル別に紹介されています。その数全100件!!
そのなかで、アートアンドクラフトがリノベーションを手掛けた個人邸4件が掲載されました。

表紙

No.013_R邸
窓から公園の緑が一望できる、築42年のマンション(62㎡)を購入された女性ひとり暮らし。もともと2LDKだった1室は壁を取っ払い、LDKと扉のない壁で仕切られた小上がり(ベッドスペース)だけといった思い切りのよい間取りに。
013_R邸

No.052_井上邸
幼い頃から前を通るたびに眺めていた憧れの建物。それは、大阪最古のRC造住宅(1932年築)といわれるものでした。もともとの建物の雰囲気を残したい!という思いのもとリノベーション。
052_I邸

No.081_B邸
共働き夫婦と愛犬の住まい。13年前に新築で購入した1室(95㎡)を「万人受けする間取りでも、自分たちにとって最適でない」と快適さをもとめてリノベーション。共働きゆえの限られた時間でも、ふたりが自然と集まれる場所をと、大きなカウンターのあるキッチンを家の中心につくった。
052_I邸

No.093_T邸
神戸の山手に建つ緑に囲まれたマンション。田の字型に区切られた壁のほとんどが撤去できない壁式構造という条件の中、廊下はつくらず、扉はもうけず、大きなワンルームのような繋がりある間取りに。和と北欧が混じりあうシンプルかつ味わい深い住まい。
93_T邸

詳しくは書籍を手に取ってご覧ください!
・書籍の購入は書店またはこちらから