‘A&C沖縄事務所’ カテゴリーのアーカイブ

車離れとクルマ社会

2018年3月17日 土曜日

文= Arts&Crafts 中谷ノボル

6712

IMG_1799

タイのバンコクでTOYOTA車を買うと日本の2倍ほどします。500万円もする車を月給10数万円の人が、大渋滞のなか嬉しそうに乗っています。車離れした日本の若い人はナイわーって思うかもしれませんが、ニッポンも平成の始め頃までは同じような状況だったと思います。車は単なる移動の道具ではなく、その人の勢いをあらわすシンボルでもありました。

IMG_1792

自分もかつてはイキって車2台持ちでしたが、ずいぶん前に手放して乗り物は自転車が中心の生活に。大阪の都心部で徒歩でも通勤できる暮らしでは、マイカーなしの生活に不便は感じません。そして自転車のほうがエコで地球にやさしい、罪悪感もない。そしていざ自転車派になると、危険運転する車が悪魔のように思えてきます。まるで非喫煙者とスモーカーの関係みたいに。

ところがです。仕事で沖縄へ行くようになり状況は一変。戦後のアメリカ統治以降、いまも那覇以外の沖縄は完全にクルマ社会です。自分も最初こそ自転車やバスを使ってみたものの断念。すっかりクルマ社会に染まりました。強風での自転車は辛いし、バスは時間どおりに来ない。今や、すぐそこのコンビニさえ車で行くありさまです。

こちらの高校生は在学中から教習所に通い就職に備えます。働きだすと会社へはマイカー通勤。アパートの家賃には駐車場代まで含まれているのが標準。車がないとデートすることさえできないでしょう。そう、在京メディア発信の情報に接していると、まるで日本全国の若者が車離れしているかのように錯覚しますが、大都市の中心部以外では、いまも普通にクルマ社会なのです。

欧米のコンパクトシティを念頭に「クルマ社会はもうダメ。これからは自転車や徒歩で暮らせる街が進歩的!!」みたいな論説を聞く機会が増えました。でも、それホンマ!? 人力で動く自転車のほうが進歩的だなんて科学技術は捨てたの? 極端じゃない? 公共交通が発達した都市部では自転車や地下鉄、郊外ではクルマが便利。シンプルに、状況に合わせた交通手段を選択すれば良いだけな気がします。

6847

一方で、自動運転で排ガスもゼロ、そんな地球にも人にも優しいEV車が一般的になる未来はすぐそこ。その頃には、また新しいトレンドや意見が生まれているんでしょうか。でも現段階では、当社が沖縄で運営する SPICE MOTEL へ自動車で来てくださいね。モーテルっていうくらいですから、クルマ前提の立地なのです。スタッフ一同、お待ちしておりまーす!

【沖縄レストア】リノベーション済マンション@首里

2018年3月6日 火曜日

*こちらの部屋の販売は終了しました

手入れの行き届いたパームツリー、青空に映える白くて清潔感のある外観、
ホテルライクなエントランスが南国感を増してくれています。
行き届いた管理で、自信を持ってお薦めします。

180306_01
180306_02

国際通りまで車で約10分、高台に建つこのマンション周辺は低層住居が多いため風と光がたっぷり入り、バルコニーからは那覇の街を一望できます。

180306_03

室内は使うごとに味わいを増すアートアンドクラフトのおすすめ素材をぎゅっと詰め込みました。

180306_04

リビング床は無垢のナラパーケット

 

水回りにはポイントにタイルと柄クロス

水回りにはポイントにタイルと柄クロス

 

玄関を入ると絵を飾ったりカスタマイズできるピーリング壁(左) *玄関脇のシューズクロークはベビーカーやアウトドア用品置き場にも(真中) シンプルな室内はインテリア次第でお好みの部屋に(右)

玄関を入ると絵を飾ったりカスタマイズできるピーリング壁(左)
玄関脇のシューズクロークはベビーカーやアウトドア用品置き場にも(真中)
シンプルな室内はインテリア次第でお好みの部屋に(右)

沖縄で新たな生活を始められる方、
ほどよい便利さと南国らしいヴィンテージ感を味わえるこちらの部屋をぜひご検討ください。

zumen

outline

沖縄でもレストアしています

2017年8月3日 木曜日

text: Arts&Crafts 沖縄事務所

廃棄寸前の名車などを修復し、再生することを英語でレストアと言います。
アートアンドクラフトでは、中古マンションやボロボロの戸建などを仕入れ、
配管や下地から再生、販売する事業を ReSTOREという名で呼んでます。

実績は大阪が多いですが、沖縄でも2013年から地味にレストアしてます。
マンションだけでなく一戸建もコンクリートで造る住宅文化がある沖縄は、
実はレストアに向く都市なのかもしれません。
バージョン 2
この度、那覇市で質のいい中古マンションを1室仕入れました。
今回はどんな部屋に仕上がり、どんな人に気に入ってもらえるか。
いまから楽しみです!

※沖縄事務所ではこんな仕事をしています

掲載誌のお知らせ|LiVES Vol.90

2016年12月3日 土曜日

hyoshi

住宅雑誌LIVESが特集する最新ホテルガイドに
SPICE MOTELOKINAWAを紹介頂きました。

lives90_s

昨年から今年にかけて続々竣工したリノベーション系ホテルから
東京を中心に、規模もテーマも様々の
個性的な8軒が取り上げられています。

比較的、手頃な価格で泊まれるところが多いです。
普通のホテルは飽きたという人には
次の出張や旅行からすぐにでも使えそうですよ。

是非お手にとってご覧ください。

*購入はこちらから

掲載のお知らせ|HOME’S PRESS & SUUMOジャーナル

2016年4月4日 月曜日

WEBメディアにわたしたちの事例をご紹介していただきました。

まずは住宅の最新トレンドや正しい住宅情報を発信するWEBメディア
HOME’S PRESSにて
また新たなリノベーションの可能性を見せつける、沖縄『SPICE MOTEL』
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00328/

住まいのリノベーションから始まったアートアンドクラフトが
2010年にHOSTEL 64 Osaka、2015年にSPICE MOTEL OKINAWAと
“宿泊施設”を手掛けるに至った経緯とは?
代表中谷ノボルの旅好きと不動産屋の視点が交錯するインタビュー記事です。


夕暮れのSPICE MOTEL OKINAWA

続けて、SUUMOジャーナルにて
中古マンション+リノベーションで楽しむ「オトナのひとり住まい」
http://suumo.jp/journal/2016/03/30/108465/

単身者向けの住まいが足りていないことに対して物申すこと数年、
都心であるほどそのニーズを日々実感しています。
インタビューに応えてくださったのは大阪市内激戦区のヴィンテージマンションを購入して
リノベーションしたとある女性の住まい。


テーブルを兼ねたキッチンが気ままなひとり住まいらしくて良い!

どちらの記事もアートアンドクラフトの「今」を取り上げていただき嬉しい限り。
是非ご覧下さい。