‘A&C神戸事務所(NEWS,イベント)’ カテゴリーのアーカイブ

オンライン座談会第2弾・三度の飯より不動産!

2020年7月10日 金曜日

【日 程】 2020年7月18日(土) 20:00-21:00
【参加費】 無料
【視聴方法】こちら(Youtube)よりアクセス
ac_online

不動産屋のホンネ

大阪R不動産も運営するA&Cでは、大阪・神戸・沖縄であらゆる物件を扱ってきました。
普段、様々な物件情報を収集し、不動産仲介をする【エージェント】達。
その中で、「ショージキ、不動産って…」「いい住まいって…」と、彼らが密かに思っているけど、口にしていないことが実はあるんです。

いい物件と出会いたいみなさんへ

そこで今回は、不動産探しの極意から、ここがヘンだよ不動産屋まで。
不動産をこよなく愛す5人のエージェントが登場し、彼らの経験談を交えながら語ります。

いざ探し始めても、なかなか見つからないのが不動産の難しいところ。
物件を探していると、「いい物件って?」「内覧ってどこを見たらいいの?」と1度は思ったことがあるはず。
そんな方にオススメしたい1時間。

もちろん、物件激探中の方も、将来的に知識を備えておきたい方も。
配信をお楽しみに!

Zoomでアーキテクト座談会|イベントレポート

2020年7月10日 金曜日

6/27(土)に、A&C設計者によるイベント【アーキテクト座談会】を開催しました!

c30856c9-2ebb-4116-bb76-e33ea87f2ea9

座談会には、3人のアーキテクトが登場。
◯A&Cのこれまでを知り尽くすベテラン一森
◯介護職の経験もあり、丁寧なヒアリングが定評の川本
◯ハウスメーカーに務めた経歴もある山中

そして、トークテーマは4つ。
1.巨匠に近づけた!と思う案件
2.衝撃を受けた案件
3.施主との相乗効果No.1!
4.憧れの住まいNo.1!

a_1古民家の基礎工事を現場写真と合わせて解説。

a_2築40年超の鉄骨戸建てをガレージハウスにしたリノベーションを紹介。

a_3a_4アーキテクトが衝撃を受けた案件。(上)通路幅50cmのパントリー(下)近未来の世界観を表現した建具

a_6アーキテクトが憧れる住まいも紹介。

今回は、普段なかなか見ることの出来ない現場写真やパースなども公開。
3人のアーキテクトはそれぞれ、当時に思いを馳せながら、職人やスタッフとのやりとり、設計のポイントなどを紹介してくれました。

特に印象的だったのは、実家をガレージハウスにリノベーションした案件。
施主は、新築一戸建てからそこへ住み替えましたが、引き渡しの際、「新築よりもリノベーションにかけたお金の方が、僕らには価値があった」と言ってくれたそうです。

彼らの話を聞いていると、ひとつひとつの案件に取り巻く人々と、丁寧に関係性を築きながら、アーキテクトとしての任務を遂行しているのだと感じました。
個性やアプローチは異なるものの、住まい手や建物に真剣に向き合ってデザインをしていく、という姿勢は共通項。

一視聴者として、今後、彼らがどんな住まいを作っていくのか、楽しみになりました。


引き続き、アートアンドクラフトでは、中古物件やリノベーションの魅力をお伝えするオンラインのイベントを発信していきます。
第2段も、企画進行中!
新着情報は随時ブログにてお知らせします。

7/12(日)戸建て施工事例見学会@大阪市北区

2020年6月25日 木曜日

【日時】7/12(日)①13時〜 ②14時〜 ③15時〜 ④時間希望なし
(各回50分・入替制・2組限定)
※受付終了しました。
【場所】大阪市北区南森町
【最寄駅】大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」、JR東西線「大阪天満宮駅」

※予約制・無料
※ご予約の方へ詳細案内をお送りします
※コロナウィルス感染拡大防止対策としてマスク着用のご協力お願い致します。

築年不詳の街なか長屋を住み継ぐ

今回は天神橋筋商店街の近く、南森町のビルに囲まれた長屋のリノベーションです。

住まい手は、60代ご夫婦のMさん。
定年退職を機に、郊外の戸建てから町なかの長屋へ移り住む計画がスタートしました。
計画では、これからの暮らし方を踏まえて、モノや設備を厳選した快適な居住空間にすることを目指しました。
新築戸建メーカーに勤務していたご主人、インテリア好きな奥さまの、2人が今までの生活で選んだこだわりと物件の持つ懐かしさのある住まいです。

物件概要

築 年:築不詳
面 積:延床面積69.82平米(1階 41.37平米、2階 28.45平米)
構 造:木造瓦葺連棟2階建

mt
(上)Before:急勾配の階段が気になっていた。(下)After:階段をかけ変え、居室や水回りの配置も転換。

リノベーションのポイント

築年不詳の物件は、建物の状態を踏まえたリノベーションの計画が必要です。
そのため、内装や設備などを刷新する一般的なリフォームでは不十分なことも。
そんな住まいのリノベーションこそ、A&Cではアーキテクト(設計者)の存在が光ります。
今回も、アーキテクトの的確なアドバイスとアイデアで、Mさんの住まいが完成しました。

Point①既存建物の基本的な性能を高める
長屋の端住戸で気になった断熱性や遮音性。
その向上のために、断熱材の充填やインナーサッシの取り付けを行いました。
さらに、暗いキッチンに窓を取り付けて光を入れるなど、暮らしやすさにもアプローチ。

Point②将来を見据えた工夫
将来の居住イメージが明確だったMさん。
そこで、急勾配だった階段のかけ替え、室内床段差をできるだけ無くすなど、これからの生活を考えた計画を提案。
また、柱梁の補強や鋼製の筋交いを設置し、アーキテクトが現場状況をふまえて耐震面も考慮しました。

Point③オリジナルを大切にする
元々あったガラス戸を移設して再利用したり、露出する柱や梁の木部の雰囲気を残すなど、既存の良さが光る空間づくりを目指しました。
特に、2階の丸太梁は解体後に現れたもので、急遽、梁を見せる勾配天井に計画変更。
さらに、玄関外壁もサイディングからタイルを使ったデザインに変更しました。
IMG_5105
解体後に現れた立派な梁

Point④新しい設備との取り合い
古いデザインは好きだけど、使い勝手は良く!というMさんの思いから、オール電化へ。
床暖房や最新のシステムキッチン、システムバスなどを導入しました。
配管、配線も一新しています。

他にも、建物の古さを生かしつつ、これからのMさんの生活を考えたアイデアが目白押し。
戸建てを購入して、リノベーションしたいと考えている方は、必見です!


【申し込みいただいた方へのお願い】
・詳細のご案内をメールいたします。但し、7月2日(木)中までに返信がない場合は何らかの手違いが考えられますので、お手数ですが[member@a-crafts.co.jp]または[06-6443-1350(大阪本社)]までご一報ください。
・ご予約多数の場合は具体的にご検討の方を優先してご案内させていただく場合がございます。
・小さなお子様連れの方は抱っこしていただく等のご配慮をお願いします。また、ご飲食やおもちゃで遊ばせる等もご遠慮ください。
・駐車場のご用意はありません。公共交通機関にてお越しください。
・お手洗いのご用意もありません。
・個人住宅のため写真撮影はお断り申し上げます。
・同業者の方や学生の方の勉強のためのご参加はお断りしています。

7/4(土)マンション施工事例見学会@神戸

2020年6月25日 木曜日

【日時】7/4(土)⓪11時〜 ①13時〜 ②14時〜
※受付終了しました
※開始5分前にお越しください。
(所要時間約30分程度・各回2組限定)
【場所】神戸市中央区北野町
【最寄駅】各路線「三ノ宮駅」「神戸三宮駅」より徒歩約15分

※予約制・無料
※ご予約満員後、個別案内ご希望の方は【コチラ】からお問い合わせください。
※ご予約の方へ詳細案内をお送りします
※コロナウィルス感染拡大防止対策としてマスク着用のご協力お願い致します。

アイデア満載!40平米の個性あふれる空間

中古マンションを購入し、完全オーダーメイドの【custom】でリノベーションされた、Nさん宅が竣工しました。
この度、お引っ越し前の住まいをお借りして見学会を開催します。

Nさんは神戸市内で働くおとなの1人住まい。
ストック(既存建物)は、異国の雰囲気漂う北野エリアらしいビンテージマンションです。

購入した物件は既にリフォームされていてそのまますぐにでも住める状態でした。
しかし、せっかく買うのだから自分好みにしたい!という事で、そのまま使えるお風呂やトイレは再利用。
さらに間取りと内装は、Nさんの想いに合わせて作り上げました。

a.001
(左)Before:1973年築(築47年)占有面積40平米。居室や収納が小分けにされていた。(右)After:窓からの日差しが部屋全体に行き渡るようなワンルームに。収納もひとつのスペースにまとめた。

 

リノベーションのポイント

Point①内装  イメージは以前旅行で訪れたベトナム ホイアンの趣のある古民家の雰囲気
Point②間取り 生活パターンからドアの有無を考え、動線は最小限で動けるものに
Point③収納  しっかりとスペースを確保して、さらにゆとりも持たせる!
ボリュームスケッチ20200418
Nさんがよりリアルに空間をイメージ出来るよう、アーキテクト(設計者)が用意したスケッチ

そのほか、
・あえて白い壁は作らず、好みの落ち着いた色味のカラークロスや杉材フローリング
・朝の支度を楽しく 黄色のカラーペイントを施した洗面スペース
など、細部までNさんのこだわりを詰めた、40平米とは思えない充実の空間となりました。

自分らしいひとり住まいを手に入れたい方にとっては見どころ満載!
気になる方は、お早めに申し込みください。


【申し込みいただいた方へのお願い】
・詳細のご案内をメールいたします。但し、7月2日(木)中までに返信がない場合は何らかの手違いが考えられますので、お手数ですが[member@a-crafts.co.jp]または[06-6443-1350(大阪本社)]までご一報ください。
・ご予約多数の場合は具体的にご検討の方を優先してご案内させていただく場合がございます。
・小さなお子様連れの方は抱っこしていただく等のご配慮をお願いします。また、ご飲食やおもちゃで遊ばせる等もご遠慮ください。
・駐車場のご用意はありません。公共交通機関にてお越しください。
・お手洗いのご用意もありません。
・個人住宅のため写真撮影はお断り申し上げます。
・同業者の方や学生の方の勉強のためのご参加はお断りしています。

6/27(土)Zoomで【アーキテクト座談会】します!

2020年6月12日 金曜日

【日 程】 2020年6月27日(土) 18:00-19:00
*入室開始 17:45-
【参加費】 無料
【定 員】 100名
*予約は不要です。定員に達し次第、視聴が出来なくなります。参加ご希望の方は15分前の入室開始時間からご準備ください。
【視聴方法】こちら(ZoomミーティングURL)よりアクセス
ミーティングID: 896 1943 1561
*マイク付きのPC・iPadなどのデバイスとネット(wifi)環境をご用意ください。
*アカウント・アプリのダウンロードも不要です(ブラウザから参加)

私たち、こんな設計してます!

リノベーションをする時に、住まい手のアイデアを形にしていく存在の建築設計者。
A&Cでは、【アーキテクト】と呼んでいます。

今回は、3人のアーキテクトがざっくばらんに話す座談会をお届けします。
それぞれ、過去のイチオシの案件や印象的なエピソードなど、事例も合わせて紹介。
A&Cでは、どんな人が住まいづくりをサポートしてくれるんだろう?と気になっている方、必見のプログラムです。
また、終盤には、皆さんからの質問にアーキテクトが直接お答えするコーナも用意しています。

リノベーションはチームだ!

リノベーションを進める上でA&Cが大切にしているのは、私たちと住まい手がひとつのチームになることです。

計画を始めるにあたり、私たちは住まい手がどんな方なのか、まず質問を投げかけます。
ライフスタイル・趣味・ファッション・色・テイスト…などなど。
あらゆることをお聞きして、アイデアの種を見つけていくのです。
時に住まい手から、「こんなイメージがあるのですが」、「こんなことしたいのですが」とお話いただくこともあります。
そんな時は、イメージを形にできるよう方法を一緒に考え、空間デザインに反映していきます。

これらの場面で気軽に話せるのは、チームメンバーとしてお互いを信頼しているから。
だからこそ、そのメンバーのことを知って、住まいづくりへ一歩踏み出しましょう!

イベントでは、アーキテクト達の素顔や住まいへの思いなども垣間見える内容になっています。
配信をお楽しみに!