5/27(日)ストリノ講座 -セレクト型編-

2018年4月17日

「中古マンションを購入してリノベーション」を考えている方へオススメ!

【日時】5月27日(sun) 13:00開場/13:30開始(所要:約90分)
【場所】アートアンドクラフト ショウルーム@京町堀
———–

アートアンドクラフトのスタンダードを凝縮した、セレクト型リノベーション「TOLA」
今回の講座では、アップデートを経て、更にリーズナブルで質の高いリノベーションを叶えられるようになった「TOLA(トラ)」の全貌をお伝えします。

また、不動産のプロとして中古マンション購入×リノベーションの基本となる「中古物件の探し方と見極め」や「資金計画」についてもお話します。
今年こそ理想の住まいを手に入れたい!その想いを物件さがしからリノベーションまでワンストップでお手伝いします。

リノベーションを考えはじめたばかりの方にもおすすめのプログラムです。

セレクト型編

【日時】5月27日(sun) 13:00開場/13:30開始(所要:約90分)
【場所】アートアンドクラフト ショウルーム
大阪市西区京町堀1-13-24 1F(Googlemaps
※予約制(予約フォームはこちら
※参加費無料
———–
*ご予約頂いた方に順次詳細ご案内をお送りします。
なお、5/25(金)までに返信がない場合は何らかの手違いが考えられます。お手数ですが[mailto:member@a-crafts.co.jp または 06-6443-1350]までご一報ください。
*駐車場、駐輪場のご用意はございません。
*同業者の方や学生の方の勉強のためのご参加はお断りしています。あしからずご了承くださいませ。

4/14(sat),15(sun) 竣工実例見学会@西区立売堀

2018年4月5日

中古マンションを買ってリノベーションを検討している方に
——————
竣工実例見学会
4月14日(sat) 15(sun) 13:00−16:00
大阪市西区立売堀2丁目1-20 クローバーハイツ阿波座《Googlemaps
*予約不要
——————
セレクト型リノベーション“TOLA”でリノベーションした住まいが新たに竣工しました。これを機に見学会を開催します。
tola11view
バルコニーからの眺望
築40年、公園前に位置するマンションの1室。
幅広のナラ材の無垢フローリングを敷いたLDK。ベッドルームは公園に視界が抜ける気持ちの良い場所に持ってきました。対面キッチンからパントリー、エントランスへと繋がるプランニングも特徴です。
見学会では実例で採用している建材パーツだけでなく、セレクト型リノベーション”TOLA”で選べる建材パーツのサンプルをご用意しています。
画像2
「リノベーションで自分らしい住まいを手に入れたい」その実現のために具体的なイメージづくりはなによりの近道!まずは実際に見て触れて体感ください。
具体的に検討中の物件がある方はもちろん、
・リノベーションを考え始めたばかり
・漠然と物件探しをはじめている
・リノベーション事例を見たことがない
という方もお気軽にお越しください。
現地には[物件探し]や[ローン付け]をサポートするスタッフがいます。中古物件の購入~リノベーション〜お引越し後のアフターまで、不安や疑問などなんなりとご相談ください。

みなさまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。
//////////////////////////////////
日時:4月14日(sat),15(sun) 13:00−16:00
場所:大阪市西区立売堀2丁目1-20 クローバーハイツ阿波座《Googlemaps
アクセス:地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」2番出口から徒歩6分
*予約不要
*当日のご連絡先はこちらまで[070-5016-9874]
*部屋番号は現地立て看板をご確認ください
*駐車場・駐輪場のご用意はありません
*別日での見学をご希望の方はTOLAモデル”見学予約ページ“へ!
//////////////////////////////////
同業者の方や学生の方の勉強のためのご参加はお断りしています。あしからずご了承くださいませ。

【4月】週末のリノベーション相談会

2018年4月1日

4月は日曜日もショウルームを開けています。

直前まで仕事の予定がわからない。
たまたま気に入った物件に出会ってしまった。
思い立った時に相談に行きたい。

4月は定休日である日曜日もショウルームを開けています。
事前予約は不要です。リノベーション内容や資金計画のご相談、物件探しのご依頼まで、なんでも気軽にお問合わせ下さい。
(*GW休暇期間 4/28-5/6を除きます)
000012-2

万一、ご来場が重なるとお待たせしてしまう可能性があります。お越しいただく前に電話にてお声掛けいただけますと幸いです。
TEL:06-6443-1350
(営業時間:月〜土 10:00~18:00、水曜定休)
Arts&Crafts ショウルーム
大阪市西区京町堀1-13-24-1階(Googlemaps)
000003-2

掲載誌のお知らせ|「時間が足りない! 」を解決する 家事がはかどる家(別冊PLUS1 LIVING|主婦の友社)

2018年3月22日

omote
中古戸建リノベーションを選ばれたI邸が掲載されています。夫婦+こども2人暮らし。常識にとらわれず、家での過ごし方や動線・収納量・将来的な使い方など、Iさんのライフスタイルを整理する設計でつくりあげた住まいです。家事重視かデザイン重視か・・・というように、それぞれを対極に考える必要はありません!
01
02
03
いまや共働きの住まいは当たり前になりました。
本書では、これから家づくりに取り組む人にとって参考になるだろうリアルな体験談が掲載されています。家事のストレスから解放されて、自由な時間が生まれたら何をしよう?!そう考えるとワクワクしてきませんか。
*書籍は〈こちら〉から購入いただけます

車離れとクルマ社会

2018年3月17日

文= Arts&Crafts 中谷ノボル

6712

IMG_1799

タイのバンコクでTOYOTA車を買うと日本の2倍ほどします。500万円もする車を月給10数万円の人が、大渋滞のなか嬉しそうに乗っています。車離れした日本の若い人はナイわーって思うかもしれませんが、ニッポンも平成の始め頃までは同じような状況だったと思います。車は単なる移動の道具ではなく、その人の勢いをあらわすシンボルでもありました。

IMG_1792

自分もかつてはイキって車2台持ちでしたが、ずいぶん前に手放して乗り物は自転車が中心の生活に。大阪の都心部で徒歩でも通勤できる暮らしでは、マイカーなしの生活に不便は感じません。そして自転車のほうがエコで地球にやさしい、罪悪感もない。そしていざ自転車派になると、危険運転する車が悪魔のように思えてきます。まるで非喫煙者とスモーカーの関係みたいに。

ところがです。仕事で沖縄へ行くようになり状況は一変。戦後のアメリカ統治以降、いまも那覇以外の沖縄は完全にクルマ社会です。自分も最初こそ自転車やバスを使ってみたものの断念。すっかりクルマ社会に染まりました。強風での自転車は辛いし、バスは時間どおりに来ない。今や、すぐそこのコンビニさえ車で行くありさまです。

こちらの高校生は在学中から教習所に通い就職に備えます。働きだすと会社へはマイカー通勤。アパートの家賃には駐車場代まで含まれているのが標準。車がないとデートすることさえできないでしょう。そう、在京メディア発信の情報に接していると、まるで日本全国の若者が車離れしているかのように錯覚しますが、大都市の中心部以外では、いまも普通にクルマ社会なのです。

欧米のコンパクトシティを念頭に「クルマ社会はもうダメ。これからは自転車や徒歩で暮らせる街が進歩的!!」みたいな論説を聞く機会が増えました。でも、それホンマ!? 人力で動く自転車のほうが進歩的だなんて科学技術は捨てたの? 極端じゃない? 公共交通が発達した都市部では自転車や地下鉄、郊外ではクルマが便利。シンプルに、状況に合わせた交通手段を選択すれば良いだけな気がします。

6847

一方で、自動運転で排ガスもゼロ、そんな地球にも人にも優しいEV車が一般的になる未来はすぐそこ。その頃には、また新しいトレンドや意見が生まれているんでしょうか。でも現段階では、当社が沖縄で運営する SPICE MOTEL へ自動車で来てくださいね。モーテルっていうくらいですから、クルマ前提の立地なのです。スタッフ一同、お待ちしておりまーす!