ハンティングに行ってきました!【まだがんばらせてください】

2017年7月1日

知る人ぞ知る、こだわりコーポラティブ住宅「都住創」のとある1室。こちらでリノベーション工事がはじまるということで、解体時の現場へハンティングに行ってきました!

まずは物件のご紹介から。
1980年竣工の大阪市内の物件。いろんなプランニングの住戸が集まっていたり、ガラスブロックや天窓などなど、画一的なマンションでは見られないような外観。これはなにかありそうだぞ、と期待が膨らみます!

blog01

中はこんな雰囲気でした:落ち着いた色目と統一されたデザイン建具で囲まれたキッチン、ゴージャスな照明器具、各部屋の入り口には白ペンキ塗りの扉と真鍮のレバーハンドル。住んでいた方、つくった方のこだわりが随所にみられます。

珍しく目に留まるものがたくさん!でも、早く目星を付けないと解体されていってしまいますので、ここは時間との勝負。たくさんの職人さんの隙間を縫いながら、現場に入って5分でまだがんばってほしいものに目印をつけて歩きます。そのあとは、解体作業の邪魔にならない居場所を見つけてはパーツの取り外しをしていきます。今回は住戸内に階段のあるメゾネットタイプでしたので、1階が壊されている間は2階で作業、終わり次第1階のものを救出、という段取りでうまく流れました◎

女性に優しい職人さんたちが、手伝おうか?と声をかけて下さるので、力が足りなくて取れないものだけ甘えさせてもらいました!ネジ穴が潰れているものは、ペンチで引き抜くしかなく、力のなせる技なのです。

救出したものたち、すでに埃まみれ!ドアノブはパーツがたくさんあって時間がかかるのと、バラした後に組み立てておかないとあとであれれ?どうやったっけ??となってしまいます。

救出したものたち、すでに埃まみれ!ドアノブはパーツがたくさんあって時間がかかるのと、バラした後に組み立てておかないとあとであれれ?どうやったっけ??となってしまいます。

こうやって分解していると、どうやって取り付けてるのかとか、こんな工夫してんねや!とか、いろんな発見があるのもハンティングの醍醐味。つくることの臨場感が解体現場で得られるという、まさに生死一如の世界です。手間暇かけて救出した分愛着が湧いて、最初は無機質な塊だったのが、時には渋いおじさんに見えたり、可愛いおばあちゃんに見えたりも?!

IMG_9143

ちなみに私流 ”七つ道具” はこちら。
プラスマイナスのドライバーと根気があれば、大抵のものはハンティングできます。
でも一番大切なのは、「これどこかで使ってみたい!」というココロの動き。心動かされないものは、やっぱり廃棄される運命だと思うのです。逆に、ついつい情が移ってうっかり持って帰っちゃったけど、これ、もうがんばられへんよな〜・・というものは、そっと家に持ち帰るのでした・・笑

===

古いパーツであなたの空間に深みをプラスできるかも?!
こちらから購入できます▼
まだがんばらせてください
【まだがんばらせてください】http://acrafts.theshop.jp

今リノベーションを計画中のみなさんはもちろん、これからという方でもピンときたらご相談ください!照明器具1つ、ドア1枚から広がるイメージづくりなんかもアリですよ◎

ACB special issue 特集「あなたの部屋、見せてください!」⑤

2017年6月23日

大阪R不動産で家や仕事場を買った・借りてくれたお客さん総勢25名を突撃訪問させていただいたACB special issue。冊子では伝えきれなかったエピソードをお届けするスピンオフ企画、
連載第5回目は“自分でやるねんDIY”です!


1

▲2016年12月に訪問時、作業中の古市さん。コンクリートを練ってます。

昨年末に訪れた際は絶賛DIY工事中だったこちらの物件。店主の古市さん、普段は就労支援のお仕事をされていますが、週末を使った趣味のカレー屋の拠点としてこの物件を選ばれました。

2

▲黒い枠の建具と看板がついてすっかりお店らしく。建具のガラスも近所の方に頂いたんだとか!

前回の訪問から約半年。ついに完成した!ということで早速現地へ。
本当に完成するんだろうか…と少々不安に思っていただけに(すみません)、しっかりとお店になっていて、なんだか感動してしまいました。

土日の休みを使っての改装は想定よりも多くの時間がかかってしまったようですが(工事期間はなんと1年超!)その年月の分、すっかり地域に馴染んでいるように感じました。この日も、何度か手伝いに来てくれていたという近所の親子が通りがかりに「できたんやー!」「また来るねー!」と。

3

▲改装作業を手伝ったメンバーがカレー屋のスタッフも担当していました。

プレオープン時には改装作業を手伝ってくれたという方が続々と訪れていました。楽しそうに話す皆さんを眺めながら、単なるカレー屋ではない、人が集まる居心地の良い場所になっていきそうな予感がしました。

4

カレーはビーガンの方でもOKな優しい味です。トッピングのドライフルーツまで手作りで驚き!

今後は週1程度不定期にお店を開けていくとのこと。
開店日はSNSで発信されるそうなので興味のある方はぜひ訪れてみてください。
美味しいカレーとゆるりと気さくな店主が待っています。
===========================
nimo alcamo(ニモアルカモ)
Twitter:https://twitter.com/nimoalcamo
Facebook:https://www.facebook.com/nimoalcamo
===========================

大阪R不動産「山坂神社のお膝元で商いを」*現在満室です
http://www.realosakaestate.jp/estate.php?n=1748


連載第1回「女ひとり店主の味方
連載第2回「YES!マイノリティ
連載第3回「番外編 その1
連載第4回「番外編 その2

掲載誌のお知らせ|relife+vol.25

2017年6月22日

6月14日発売の「relife+vol.25」にて
セレクト型リノベーション「TOLA」を選ばれた、安孫子様邸が掲載されています。
vol.8_hyoushi_B_shuusei_2
「セレクト&パッケージ型リノベって実際どうだった?」
p.77~p.81の計5ページ

relife_1P
TOLAで選べる建材パーツ集「イチオシ」から選ばれたアイテムも大公開!

relife_2,3P

relife_4,5P
リビングを広く確保することがいちばんの希望とあり、60平米3LDKをリビング広々1LDKにプランに変更されました。
モデル見学で仕上りイメージがわきやすく、打合せ回数が少なくてすむこと。そして、設計料がいらないのも安孫子さんがTOLAを選ばれた理由のひとつだそう。
他にも住まいづくりのこだわりやセレクトのポイントなど、設計打ち合わせから実際に住んでみてのリアルな声をご覧いただけます。
詳しくは書籍をご覧ください!!

▶︎書籍の購入は書店またはこちらから

アートアンドクラフトの長年のノウハウを体系化して2010年に発表した「TOLA」
マイナーチェンジを重ねながらいまもパワーアップしています。定期的に更新されるモデルもどうぞお見逃しなく。

▶︎TOLAモデルの見学予約はこちらから
セレクト型リノベーション「TOLA」|リーズナブルでスピーディーそれでいて質の高い住まいづくりを実現。工事費550万円(税別)~。

掲載誌のお知らせ|大人スタイルのインテリア

2017年6月5日

5月18日発売のエクスナレッジムック
『大人スタイルのインテリア』にてT邸が掲載されています。
interiorstyle_h
ペールグリーンのアンティーク扉に合わせて調色したグリーンの壁。
サニタリーやトイレにもポイントとなる色を取り入れています。
interiorstyle
誌面では、その他にもお気に入りのコーナーやスペースをぐっと引き立てる
色や素材の使い方のアイデアが紹介されています。

ぜひお手にとってご覧ください。

*書籍の購入はこちらから
*その他の写真はこちらからもご覧いただけます

掲載誌のお知らせ|別冊GO OUT Livin’ vol.9

2017年6月3日

5月26日発売の別冊GO OUT Livin’ vol.9、巻頭特集
「好きなモノと暮らす、26人の部屋スタイル」にて
M邸が掲載されています。
goout_vol9
ジュエリークラフトマンのご主人とジュエリーデザイナーの奥さま。
おふたりの好きな要素を詰め込んだこだわりの部屋は圧巻です。
gooutvol9.p1
PDFでページを見る
A&Cではスケルトン状態での物件紹介から、リノベーションまで
お手伝いさせていただきました。

誌面では他にもキャンプ好き、植物好き、海好きなどアウトドアをメインに
いろんな「好き」に囲まれて暮らす個性豊かなお部屋が紹介されています。
ぜひ書店でお手に取ってみてください。