FEATURE&STYLE

二拠点生活の住まい×民泊

働き方の多様化で、出勤せずに自宅や出先で働ける人が増えてきました。

そして、一箇所に定住せず複数の拠点をベースに暮らす人たち、さらには移動しながら生活するノマドスタイルを実践する人たちまで現れてきました。

退職後に移住したい街がある。もしそういう夢があるなら、いま中古住宅を取得して、使わないときは民泊として活用することで、

リタイアの時期を待たず二拠点での暮らしが実現できるかもしれません。

たとえば大阪や東京をベースに働く人が、神戸や沖縄に二つ目の住まいを購入し、

自分が使わないときに民泊として旅行者に貸すことでローンの負担を軽減したり、ときには返済額以上の収入を得ることも可能です。

二拠点生活の住まい×民泊 の事例

アートアンドクラフトでは、民泊ができる物件を探す際のコンサルティングから不動産仲介、

そして民泊に適したリノベーションと家具のセレクト、さらには宿泊営業の届け出と運営業務の委託まで、一括してお手伝いしています。

まずはこちらをご覧ください。

※運営を受託できるのは事業所がある沖縄・神戸・大阪内です。エリア等一定の要件があります。詳しくはお問い合わせください。