WORKS

ミスマッチを愛でるアートな暮らし

結婚を機に2人で暮らす住まいを探し始めたHさん夫婦。画家であるご主人のアトリエ空間を確保することが絶対条件でした。購入したストック(既存建物)は、神社に面した広い庭つき戸建て。昭和の邸宅の趣を残しながらも、あえてミスマッチな素材を組み合わせたり、思いも寄らないところに既存の素材を残したり、本来とは違う用途で古道具を使ってみたり。Hさんらしい遊び心が散りばめられた、アートな住まいとなりました。

コレクションのアート作品や画集が並ぶ居間の壁面。移設再利用した雪見障子からは庭を望む。正面左手に位置するアトリエへの入り口は、アートアンドクラフトの古物商「まだがんばらせてください」の古建具を採用。あえて小ぶりなサイズのものをそのまま使うことで、アトリエの隠れ家感を演出した。

小さな古建具を開けて中に入ると、2階の床組を現しにした開放的なアトリエ空間 ”創作の間”。壁は後からカスタマイズしやすいようにシナ合板の素地仕上げとした。照明は無線調光式のものを採用。

水性絵の具を掛け流す特殊な技法のため、床材はメンテナンス性に配慮して撥水性のある素材を採用。

足場板と古建具で造作したキッチン腰壁収納。解体してみて現れた既存の柱と筋交いは経年の味わいをそのまま残し、リノベーションならではの空間に。置き敷畳の”ごろごろの間”はついうたた寝してしまうほどお気に入りの居場所。

”ごろごろの間”と”家事の間”を仕切る壁には、古建具と竹、デザインガラスを組み合わせて作ったオリジナルの室内窓。

暗くて寒い北側に位置していたキッチンは、庭に面した南側に移動。設備機器との色味の組み合わせを何度もシミュレーションしてこだわり抜いたミックスタイル張りの造作キッチン。 奥のR開口の空間は奥様専用の”おこもりの間”

キッチン背面には、既存和室の違い棚と床柱を再利用。「なんでこんなところに!」というミスマッチさが、Hさんらしい空間を創り出す重要なポイント。

玄関収納には、竹棒を用いたコートかけを。既存聚楽壁の凹凸感に馴染ませるため、補修した壁面は珪砂入りの塗装仕上げとした。

古物店で一目惚れした明治時代のカツラ屋看板が出迎えてくれる玄関。玄関と廊下の間にはガラスの古建具をアイキャッチと目隠しで設置。大物搬入時には取り外し可能なついたてとした。天井の模様張りは既存を塗装仕上げ

銭湯のようなモールガラスの古建具を開けると、足場板とタイルで作った造作洗面台が現れる。

正面の壁に松皮菱をモチーフにしたタイルを施した便所。両サイドの壁面は既存タイルを塗装して残した。

廊下の扉は「扉っぽく見せたくない」という要望があり、取手ではなく、ご主人のコレクションにあった練り菓子の木型を造作建具の押し板として採用。本来の使い方とは異なる古物が、既製品にはない独特の味わいを醸し出す。

2階の3室ある部屋のうち、1室を”寝どころの間”に。6畳分をい草畳敷き、残りの約4.6畳を廊下から続くフローリング仕上げとした。既存のジプトーン天井は濃紺に塗装し、落ち着いた雰囲気に。

一部クラック補修した外壁は、「ブラックジャックみたいで格好いい」と、あえて同色にせず塗装した。こんなところにもHさんの遊び心が垣間見える。

入居者の声

物件探しの依頼をすると「ひとまず事務所に来ていただいて」という会社が多い中、最初から的確に物件提案をしてくださったアートアンドクラフトさんの丁寧さと熱意に感動してリノベーションの依頼を即決しました。一般的な話として工事過程を見に行くのは嫌がられると聞いたこともありましたが、何度も現場で実物を一緒に確認しながら進めてくださいましたし、工事途中に異常気象による集中豪雨で緊急事態が発生した際も迅速かつ親身に対応していただけましたので、安心してお任せすることができました。予算の中で叶えたい要望を取捨選択する作業は大変悩ましくもありましたが、自分たちが本当に叶えたかったことが明らかになっていく過程でもありました。これからも気ままに手を入れて、この家と一緒に成長していけたらと思います。(Hさん)

OUTLINE

案件名:H邸
所在地:寝屋川市
構 造:木造
築年月:1973年
竣 工:2021年
施工面積:138.51㎡

*工事費:約1890万円(税別)

*A&Cで物件探し

写真:増田好郎
動画:jyota tomonori
misuzu

担当者より

リノベーションのテーマは『ミスマッチ』。設計を⾏う中で、調和する組み合わせを求められることが一般的な中での真逆の、とても難しいご要望でした。今回の計画では、たくさんの種類のミスマッチが散りばめられています(空間のミスマッチ、素材のミスマッチ、用途のミスマッチ、⾊のミスマッチ)。たくさんのミスマッチでちぐはぐなはずなのに、それぞれが「アート」というキーワードで繋がり、住まい全体がアート作品のように⾒えるよう⼼がけながら設計を進めました。独特な表現をされるHさんとのやりとりは、俗に言う”無題”の作品のように興味深いものでした。工事は竣工しましたが、アートな暮らしはまだ始まったばかり。住まいというキャンバスは、まだまだ色付いていきそうです。(芝山)

STAFF

アーキテクト:芝山明日香
コンサルタント:中村美保

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら