【終了】 5/13fri.14sat. 築古のオフィスビルから仕事場と住まいを合体させた賃貸住宅に|ビルリノベーション事例見学会@大阪市

*イベントは終了しました。個別見学希望の方は下記よりお問い合わせください。

▷「ミナミで職住一体!(住まい編)」

▷「ミナミで職住一体!(仕事場編)」

==================

なんばと大国町の中間に位置する築古のオフィスビルが仕事場と住まいを合体させた賃貸住宅として再生されました。所有不動産の使い道を検討中のオーナーの方、入居をご検討の方、ぜひご参加ください。現地で所有不動産のご相談も承ります。

 

ビルリノベーション事例見学会の概要

日時:5/13fri.5/14sat.13:00-16:00

場所:大阪市浪速区元町3丁目

アクセス:大阪メトロ御堂筋線・四つ橋線「大国町」駅 徒歩5分、南海本線・高野線「なんば」駅 徒歩9分

*予約制・無料

*駐車場のご用意はございません。

*コロナウイルス感染症拡大防止のため、感染防止対策を行った上でご内覧いただきます。

 

ご予約は大阪R不動産の物件ページより(どちらの物件ページからでもご予約いただけます)

▷「ミナミで職住一体!(住まい編)」

▷「ミナミで職住一体!(仕事場編)」

なんばと大国町の中間に位置する築古オフィスビルのリノベーション

 

空室率80%、築古オフィスビルの再生

2022年で築55年になる鉄筋コンクリート造4階建て、1階に2区画の店舗、2~4階はワンフロア1区画の賃貸オフィスの複合用途ビルでした。アートアンドクラフトに再生活用のご相談いただいた時点の空室率はなんと80%!なんば・大国町の中間に位置する好立地にもかかわらず、適切なメンテナンスが行われず、築年数相応の古さ、エレベーターが無いこと、セキュリティ面への不安など、現在のニーズからは周回遅れ状態、競争力や人気がなくなったビルとなっていました。

 

長らく高い空室状況が続いていたことに加え、建築物の寿命への不安があり、当初は建替えも視野にあったオーナー。一方、東西建物と界壁を共有する構造の建物であったことや敷地境界の不明瞭な状況もあり、検討の末にハードルの高い新築建替えは断念。最終的にはリノベーションによる再生と活用を選択されました。

 

アートアンドクラフトの得意技である、エリア特性やストックの読み解きからポテンシャルや魅力を再発見し、企画立案や設計に反映、大阪R不動産ユーザーへ訴求できる商品へ再編集し、既存の事務所から市場に埋没しない賃貸住宅へ用途変更することを提案しました。

 

人気がなくなってしまった築古オフィスビルのポテンシャルや魅力を再発見し、市場に埋没しない賃貸住宅へ。(改装前、改装後)

 

築古オフィスビルから競争力のある賃貸住宅に

コロナ禍を経て、リモートワークの働き方が推進、定着しつつある昨今。数名規模の会社からニーズがあった好立地の小規模な賃貸オフィス需要は下降傾向となっていて今後はますます厳しい状況になることが予想されます。そのような背景や日々の大阪R不動産ユーザーの生の声やこれまで培った実績、実感値から「仕事場と住まいが合体した賃貸商品」にテーマを絞り、リノベーション計画を進めました。

 

2、3階は「暮らしの中で働く住まい」(共同住宅)、4階は「寝泊まりできる仕事場」(事務所)とし建築基準法上の建築確認申請の手続きが不要な範囲かつ住宅用地として固定資産税等の軽減措置を受けることも視野に用途変更しました。

建築確認申請の手続きが不要な範囲かつ住宅用地として固定資産税等の軽減措置を受けることも視野に用途変更を200㎡以下としています。

 

賃貸住宅とオフィスの両方を別々に借りている。賃貸住宅での在宅ワークに不便さを感じている。そんなユーザーに訴求する商品として、1フロア1区画(約64㎡の広さ)の専有部内は「仕事場」と「住まい」を明確にゾーン分けをしたパブリックとプライベートを両立できる空間として設計しています。来客者も気兼ねなくトイレを利用できるよう両方からアクセスできる位置に配置する工夫も。

 

デザイン面では、気分の切り替えを促す仕掛けとして「仕事場」と「住まい」の空間全体の色にコントラストをつけました。「仕事場」はストックそのものの素材感を積極的に活かしコンクリート躯体をメインに床、壁、天井をグレーで統一して無骨さを感じる空間に。一方「住まい」はホワイトで統一、空間を広く見せる効果と入居者の趣味趣向にフィットする空間編集や模様替えがしやすい無地でプレーンな器です。

 

住まいの中にアトリエや事務所といった仕事場を持ちたい。一般的な賃貸マンションではなく個性的な暮らしに憧れる。そんな方をメインターゲットとした賃貸商品とすることで、周辺の競合物件との差別化を図っています。

 

「仕事場」はストックそのものの素材感を活かした無骨さを感じる空間、「住まい」はホワイトで統一した無地でプレーンな器。

 

現在のニーズに合わなくなり人気がなくなった築古ビルの入居者ターゲットや用途を見直して再生した実例。所有不動産の再生や活用を検討中のオーナーさま、自社オフィスをごきげんな空間にリノベーションすることを検討されている方、本物件への入居をご検討の方はぜひご参加ください。現地では所有不動産の再生や活用についてのご相談も承ります。

 

 

 

詳細・ご予約は大阪R不動産の物件ページより(どちらの物件ページからでもご予約いただけます)

▷「ミナミで職住一体!(住まい編)」

▷「ミナミで職住一体!(仕事場編)」

 

▶︎事業用不動産のコンサルティングについてはこちら

 

物件概要

所在地 / 大阪府大阪市浪速区元町3丁目

構造 / 鉄筋コンクリート造4階建

築年 / 1966年

リノベーション / 2022年

改修前用途 / 1階店舗、2・3・4階事務所

改修後用途 / 1階店舗、2・3階共同住宅、4階事務所

その他の記事

VIEW ALL
一覧に戻る

店舗案内

06-6443-1350
  • 営業時間10:00~18:00
  • 定休日水曜日・日曜日・祝日

ご相談やリノベーション打合せには上記に限らず対応します。
営業日時でのご相談同様、事前にご予約ください。

〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目13-24 1F

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら