不動産を売りたい!売却を依頼する会社の選び方 – リノベーションコラム

「転勤や家族構成の変化で自宅を売却して住み替えたい。」

「両親から相続した住まいを売却したい。」

不動産を購入する時と同じように不動産の売却も、そう何回も経験するものではありません。

時間がかかっても高く売却したい。できるだけ早く売却したい。住み替え先が決まっているのでスケジュールを重視したい。建物の傷みを了承して購入して欲しい。愛着のある家を大切に住み継いでくれる人に売却したい。など、売却するときの優先事項もさまざま。

じゃあ、どこに頼むのがいいの?ここでは不動産の売却についてまとめました。

 

売却する物件と相性の良い会社を選ぼう

不動産業者にも得意不得意があります。

代表的なもので言うと賃貸と売買。賃貸物件の取扱がメインの業者に売却を頼むと担当者が慣れておらず、査定が適切でないことや、内見につながってもうまく営業してくれないことも。また、購入希望ですでに相談を受けている顧客も少ないことが考えられるので、個別紹介の機会も少なくなります。もちろん、担当者によっては売買も得意にしている人もいるので、その会社や担当者が何を得意にしているか聞いてみましょう。

もちろん、エリアもとても重要です。不動産はエリアによって相場も違えば、顧客の求める条件も違うもの。どんなに能力のある担当者でも、エリアが変わると急に相場がわからなくなることも。小さな会社でも、長く地元に密着して不動産を取り扱っていて、信頼できる業者はたくさんあります。身近にそんな不動産業者がないか探してみましょう。

一方で大手の会社は、集客力とネットワークが魅力。他府県からの住み替えが多いエリアや、築浅、駅の近くなど一般的に不動産としての条件が良い物件を売却する場合は相談してみるのも良いと思います。

リノベーションした物件やリノベーション素材になりそうな物件の売却はリノベーション会社へ

こだわってリノベーションした物件を売却しようと思ったら、不動産業者に「変な間取りだと売れません」「水廻りのリフォーム分をちょっと上乗せできるくらいですかね〜」と言われたという声をよく聞きます。

そんな時はぜひ私たちのように、リノベーションと不動産をどちらも行っている会社に相談して欲しいです。自分たちで工事を行なっているから、そしてリノベーション済み物件の取引の経験が豊富なので、実施されたリノベーション工事にどのくらいの価値があるのか、その物件を気に入ってくれそうな人がどのくらいいるかを考慮に入れて売却の査定を出すことができます。

築の古い戸建てやマンションなど一般的な不動産指標ではなかなか評価されない物件も、私たちの顧客にとっては魅力的なストックとなります。築年数や駅からの距離だけで価値がないとされてしまってはもったいない!古いけど眺望がいい、年数を経て味が出て素敵な建物になっている、そんな建物の売却をお考えの方は、その良さをわかってくれる会社を探しましょう!

 

 

査定の金額に惑わされてはいけない

不動産の売却の際には、まずはこの物件はいくらで売れるかという査定を出します。査定には、周辺の過去の成約事例や直近の不動産相場のほか、内部の状態やその物件の希少性などを考慮します。当然、不動産業者は不動産の売却を頼んで欲しいのでできるだけ高い金額で出すことが多くなります。

ただし、注意したいのは、査定金額=売却金額ではないと言うこと。到底売れそうもない金額で提示して売却を依頼してもらってから、あとで大幅な値下げを提案するというような営業をしている不動産業者もあるのが事実です。当然、高い値段だと売却までに時間がかかるのが一般的。始めに高く出しすぎて結局売れるのに時間がかかってしまったということもよくあるのでとにかく高く売り出せばいい、というものではありません。

「どのくらいの期間での売却を目指すか?」「その期間で売却が難しい場合、次はどんな手を打つのか」といった全体の売却スケジュールも確認し、ご自身の希望とあっているかどうか、担当者が要望をよくわかって作戦を立ててくれるかをよく確認しましょう。

 

 

媒介契約はどれを選ぶべき?

不動産の売却の依頼先が決まると、売却の媒介契約をします。媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類があり、それぞれ指定流通機構への登録期日や売主への報告頻度などが決められています。

専任媒介契約

売却する不動産と相性が良く、かつ信頼できる担当者が見つかれば専任媒介契約がおすすめ。窓口がひとつになるので販売状況などの情報管理が容易で、販売条件の改定などもひとりの担当者とよく相談して決められます。また、指定流通機構への登録義務もあるので、他の不動産業者へもそこを通して情報共有ができます。

一般媒介契約

一般媒介契約の場合は、複数の不動産業者に売却を依頼することができます。例えばリノベーション済み物件を販売したいとき。不動産の所在地に一番近い業者と、リノベーションを得意とする会社に頼むなど、特徴のある複数の会社に頼むときに選択するのがお勧めです。

物件の販売状況や条件改訂など、依頼する会社全てと打ち合わせる必要があるので、あまりたくさんの会社にお願いするのは得策ではありません。同じような営業スタイルの会社にたくさん頼むよりは、特徴の異なる会社へお願いする場合に使うのが良いでしょう。指定流通機構への登録義務はないので、登録して欲しい場合は明確に依頼しましょう。

専属専任媒介契約

媒介契約の中で一番売主の縛りが厳しいのが専属専任媒介契約です。売主が自身で購入者を見つけた場合にも依頼している不動産業者を通しての契約が必要という決まりになっています。実務の場面で専属専任媒介契約をすることはほとんどありません。

 

業者買取もひとつの選択肢

買い替えなどで必ず売却したいスケジュールが決まっている場合や、事情があって安くても良いので早く売却したい場合、建物に傷みがあり不動産業者に買い取ってもらった方が安心な場合、相続した物件を遠方からスムーズに売りたい場合、残置物がたくさんある場合などは、不動産業者の買取サービスを利用するのもひとつの選択肢です。

一般的な顧客に売却するよりも売却金額は安くなることが多いですが、提示金額に合意できればすぐに現金での買取をしてもらえること、売却後の不具合を追わなくていい場合がほとんどであることなど売却にかける労力は最低限で済みます。

 

不動産を売却したい場合はご相談ください!

アートアンドクラフト/大阪R不動産でも不動産の売却のお手伝いをしています。無料査定、売却方法の提案の他、業者買取の仲介、自社での不動産買取など、ご希望に合わせたご提案が可能です。また、不誠実に高く査定を出すことはありません。できるだけ適正な金額をご覧いただきながら、一緒に売却へのステップを検討させていただきます。

私たちが得意とするのは、リノベーション済の不動産、リノベーションの素材となりそうな古くても魅力のある不動産、大阪R不動産に掲載されているような個性的な不動産、そして、築年数をとわず、大阪府下・阪神間・沖縄の不動産。

まずはお気軽にお問い合わせください。

▶︎お問い合わせフォームはこちら

▶︎大阪R不動産はこちら

過去にリノベーションした物件から住み替えられた方も多くいらっしゃいます。

▶︎施工事例はこちら

ー==============ー

文:松下文子 Arts &Crafts 取締役副社長

 

その他の記事

VIEW ALL
一覧に戻る

店舗案内

06-6443-1350
  • 営業時間10:00~18:00
  • 定休日水曜日・日曜日・祝日

ご相談やリノベーション打合せには上記に限らず対応します。
営業日時でのご相談同様、事前にご予約ください。

〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目13-24 1F

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら