ひな壇型マンションをリノベーションしたい! – リノベーションコラム

ひな壇型マンションとは

阪神間や北摂でよくみられる、「ひな壇型マンション」。低層住宅街の山の斜面を利用して建築されていて、階段状になっているのが特徴です。日当たりが良く広いルーフバルコニーがあることが多く、リノベーションの素材としては人気があります。ひな壇マンションの特徴についてまとめました。

000010-5

ひな壇型マンションのメリット

・広いルーフバルコニーがある。
・階段状になっているため日当たりがいい。
・個性的でカッコいい建物が多い。
・傾斜地に立っているため、眺望がいい。
・100平米以上など、面積に余裕がある部屋が多い

oguratei-54-768x512

ひな壇型マンションのデメリット

逆に、ひな壇型マンションのデメリットはどんなところでしょうか。
・山の傾斜を利用して建てられるため、最寄駅から距離があることが多い。
・各部屋へのアクセスは階段であることが多い。(稀に斜行エレベーターがあるマンションもある。)
・ルーフバルコニーの面積が大きいため、一般的なマンションより雨漏りの可能性が高い。管理状態や修繕履歴を確認しよう。

o

リノベーションしたいひな壇型マンションの例

芦屋川パークハイム、ヴィラン夙川山手、グランデ箕面、ジオ六甲山手、シャンボール芦屋川、夙川台サンハイツ、千里山ロイヤルマンションG棟、日商岩井芦屋ガーデンヒルズ、プリオーレ御影山の手、六甲グランドハイツなど。

ひな壇型マンションのリノベーション事例

アートアンドクラフトでは、これまでにもひな壇型マンションのリノベーションをお手伝いしてきました。ご紹介するのは六甲山の麓に立つひな壇型マンションを購入し、リノベーションしたOさんご夫婦。内覧の際に部屋の風通しの良さに即決したそう。
玄関横の2部屋を解体してキッチンとリビングを広げることにより、ルーフバルコニーから玄関まで風が吹き抜ける住まいを実現しました。
事例の詳細はこちら

oguratei-21-768x512

o-13-768x512

oi-12-768x512

個別紹介・施工事例見学会の問い合わせ受付中

階段を登らないといけない、など多少のデメリットもあるけれど、やっぱり個性的な外観や広いルーフバルコニーからの遮るもののない景色は魅力的!広い室内もバルコニーものびのびと生活空間として使いたい!

アートアンドクラフトでは「ひな壇型マンション」の販売中物件の個別紹介を行っています。

▶︎お問い合わせはこちら

大阪R不動産では個性的な物件も紹介中

▶︎大阪R不動産はこちら

これだ!と思った方は是非お問い合わせください。

 

ー==============ー

文:松下文子 Arts &Crafts 取締役副社長

 

その他の記事

VIEW ALL
一覧に戻る

店舗案内

06-6443-1350
  • 営業時間10:00~18:00
  • 定休日水曜日・日曜日・祝日

ご相談やリノベーション打合せには上記に限らず対応します。
営業日時でのご相談同様、事前にご予約ください。

〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目13-24 1F

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら