WORKS

ひな壇型マンションで素材と眺望を楽しみつくす

アートアンドクラフトが手がけたワンルームマンション(マンションニューナンバ)で2年間、賃貸暮らしをしていたUさん夫婦。二人とも古いものが好きということもあり、初めから新築よりも古い雰囲気を生かした物件をリノベーションして住みたいと考えていたそう。物件の魅力に惹かれて購入したストック(既存建物)は、ひな壇型のヴィンテージマンション。物件購入時のご年齢はなんと22歳!若いふたりのこだわりが詰め込まれた、盛りだくさんの空間となりました。

土間仕上げのリビングに、バーのようなカウンタースタイルとしたダイニングキッチンは、ヒッコリーの無垢フローリングで小上がりにしている。天井は躯体現しにしたかったが、ひな壇型のマンションがゆえに、上階がなく断熱材が施工されていたため、木毛セメント板を貼ることとした。緑のレトロタイルに躯体現し壁と、好きな素材に囲まれた空間。

セミクローズドで北向きに位置していた壁付キッチンは、日当たりの良い南側に配置し、オーダーメイドで現場造作してII型とした。 「バルコニーの家庭菜園で収穫した野菜を使って、外の景色を見ながらごきげんに料理をしています」(Uさん)

幅広のカウンターには、樹齢200年モノの吉野杉。仕上は木材のタンニンに反応して発色させる特殊な塗装処理をしている。

メインの框扉には特殊なアンティーク加工を施した。 ハンモックは専用の天井吊り金具を用いて設置。寝室からは室内窓ごしに景色が見える。

存在感の強い素材が多いため、スッキリさせるところはスッキリと見せたいと、ダクトレールは木毛セメント板に埋め込んで納めた。

廊下を拡張させた、ショップのようなオープンクローゼット。

玄関入って正面にはドレッシングスペースを計画。出かける前に姿見でアウターや靴を合わせたトータルコーディネートのチェックや、 来客時にアウター類を預かってかけておけるクロークとしても活躍。

アール形状の框で区切ったエントランスホールの床は、表情豊かなフレンチヘリンボーン貼り。 使い勝手に配慮して洗面はホールに配置。

デッサウのバウハウスなどでも使われたドイツ製のバケットシンクに、アンティークの糸巻きを使ったタオル掛けとアルミニウムのミニシェルフ、アンティークの鏡を合わせた。

ストレージの建具にはオランダ製のアンティーク戸を採用。 倉庫利用に合ったトラックレール仕様で加工吊込み。

レトロな表示錠は古物店で購入したデットストック品。

脱衣所に配置したハンガー掛けは質感のあるガス管を採用。

水回りの床仕上げはPタイル+目地棒を採用。 既存利用の浴室は、タイル壁を活かしつつ。浴槽再生塗装で雰囲気を一新。

カウンター及び棚には古材の足場板を採用。 便座も統一感を出すため木製便座をセレクト。

物件購入の決め手となった、大阪湾を一望できるルーフバルコニー。「日当たりが良いので植物や野菜のお世話をしたり、友達を呼んで外でご飯とお酒を楽しんだりしています。」(Uさん)

傾斜地に立つひな壇型のマンション。「大阪・神戸にアクセスしやすいながら、周りはとても静かで自然も感じられます。エリアというよりは物件で購入を決めましたが、ご近所関係にとても恵まれているエリアでとても住みやすいです。」(Uさん)

入居者の声

住み心地はとても良く、暮らし方、時間の過ごし方も大きく変わりました。朝起きたらまずは植物の水やりから一日がスタートします。レコードを聴きながらのんびりしたり、ハンモックに揺られながら日向ぼっこをしたり、広いキッチンで2人で料理をしたりと20代ながら老後のような生活を送っています(笑)それも過ごしやすい空間ならではの事と思います。
毎回の打ち合わせがとても丁寧で、担当の2人が建具選びでアンティークショップに一緒に行ってくれた出来事も印象的でした。自分たちの理想のイメージや空間を沢山共有することで、素敵な住まいができました。(Uさん)

OUTLINE

物件名/U邸
所在地/神戸市東灘区
構 造/SRC造
築年月/1979年
竣工月/2021年11月
施工面積/88.08㎡

*工事費:約1620万円(税別)

*A&Cで物件探し


写真:坂下 丈太郎

担当者より

現地調査で初めて物件に訪れた時に見たルーフバルコニーからの眺望の良さに感動しました。素敵な住まいにしたい!と思ったのを今でも覚えています。そんな物件の購入を即決したUさんご夫婦はとてもセンスが良く、自分たちの好きなモノをしっかり把握しているお二人でした。素材を一つ一つ決めていく中でも、こだわる部分については徹底的にこだわりたい!そんな要望が設計者心をくすぐり、遠くの山まで吉野杉のカウンター材を探しに行ってみたり、入手困難なバケットシンクを探し回ってみたり・・そんなお二人のこだわりが集結した住まいです。(鍋野)

STAFF

アーキテクト:鍋野良太
コンサルタント:上原にいな

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら