WORKS

玄関からルーフテラスまで、風が吹き抜ける住まい

「内覧の際、この部屋の風通しの良さに即決しました。毎朝、自然の光で目が覚めることができて心地がいいです。六甲山も近いですし。」と話す、登山とアウトドアがご趣味の仲良し夫婦。2016年7月に、坂にそって建つヴィンテージマンションの一室を購入し、約1,000万円かけてリノベーションされました。

南側にあったキッチンを家の中心へ移動。天井はコンクリートむき出しの躯体現しに

カウンター付きの造作キッチン。腰壁はモルタルで仕上げた

縦貼りタイルと広々カウンターの洗面台

木材の質にこだわったウッドデッキは、ご主人の強い希望。8階ベランダからは神戸港が一望でき、圧巻。

寝室の上部を窓に仕立てたことで、クーラーがなくても風通し抜群

ベランダと寝室の間のスペースを書斎として活用。壁本棚として有効利用

リビングと壁を隔てた裏側に寝室。ガラス窓を使用し、リビングの開放感も損なわない工夫

魅力的な広い土間。靴棚には足場板を採用した。「自転車は展示用」とご主人

廊下がなく、部屋をぐるっと一回りできる。「回遊型の部屋にしたかった」

有効ボードで仕上げた玄関横の壁は、アウトドアグッズ専用。フックや棚はDIYで取付けた

共用部のピーリングと連続するように、玄関天井もピーリング貼りを

エレベーターなしの9階建マンション。周囲は静かな住宅街で、住み心地も良い

リビングの一枚棚。低めに配置することで、空間を広く見せる視覚効果を

インテリアは奥様担当。梁に合わせてつくった棚を、遊び心満載のインテリアで

入居者の声

出会いの物件でしたね。A&C担当の方の丁寧な対応にも惹かれました。好きな間取りでオシャレに住みたい!という、私たちの家作りのテーマは、『ざっくり男前な部屋仕上げ』と『回遊性のあるプラン』。廊下のない、全ての部屋がつながった開放感のある空間と、料理しやすいキッチンスペースは特に気に入っています。落ち着いたら、友達を呼んでパーティをしたいです。

OUTLINE

物件名/O邸

所在地/神戸市

構 造/RC造

築年月/1979年

竣工月/2017年1月

施工面積/75.64㎡

A&Cで物件探し

取材・文:小倉千明

写真:マツダナオキ

担当者より

外部空間を内部に連続させるイメージと、なるべく廊下のない回遊性のあるプランにしたいというご要望から打合せがスタート。思い切って玄関からLDKまでワンルームにし、個室には、LDKからそれぞれアクセスできるように仕上げました。
長い階段を登りきって、家の扉を開けた瞬間に、ずどーんと海まで視界が広がる大胆な空間は、登山が趣味のお二人らしい開放的なお家になりました。(長坂)

STAFF

設計・監理:長坂絵理

コーディネーター:田中潤

その他の事例