WORKS

泉崎のアパートメント

県庁の裏手に位置する那覇市泉崎エリア。旭橋駅と県庁前駅ともに徒歩圏内の好立地に佇む築38年のレトロマンションの1室。都心に位置するからこそ、室内は仕事から帰宅してほっと一息つける心地よい住まい「喧騒の中のオアシス」をテーマにリノベーションしました。

レトロガラスを用いてデザインした建具は既存の枠に合わせて造作した。向かって右手の窓際の開口の奥には広々とした贅沢なパウダールームを配置。

エントランスから土間でゆったりと繋がるキッチン。

少し広めのキッチンカウンターは手軽に朝食を済ませたい日や友人に料理を振る舞いながら会話を楽しみたい日にも活躍してくれそう。

生活の動線の拠点となるLD。床はチーク材の無垢フローリング。

タイル面のコンセントは丸みを帯びたデザインのものを採用した。

独立した寝室。床は大判のPタイル仕上げ。

エントランス。収納棚のルーバー建具は再利用。床には既存のレトロなタイルを一部残した。

レンガ色のタイル貼りが特徴の建物。共用部には花ブロックや階数表記に使われたレトロなフォントが心くすぐる。

OUTLINE

所在地 /沖縄県那覇市

構 造 /RC造

築年月 /1981年

竣工月 /2021年1月

施工面積/52.97㎡

写真:井田佳明

STAFF

アーキテクト:西面莉沙

コンサルタント:森岡瑞穂

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら