WORKS

アメリカ統治時代に建てられたRC造アパートを甦らせる|PORT APARTMENT

沖縄県は1972年に本土復帰し、1975年には沖縄国際海洋博覧会が開催されました。輝かしい出来事とは裏腹に、本土復帰前後から建築ラッシュに沸き、十分に塩分が除去されていない海砂がコンクリートに使用されていたケースもあり、そうした建物が今まさに危険な状態に陥っています。施主は父親から本建物を相続され、1階が自宅、2-3階は6戸のワンルーム賃貸住戸でした。前述のとおり、本建物も構造躯体の劣化が進行し鉄筋の露出やコンクリートの剥落が散見される状態でした。

左:改修工事前の状況/右:劣化したコンクリートの除却

本プロジェクトでは、今後数十年以上安心して住み続けられるよう、アラミドシートを用いて躯体補修・補強を行い、電気、ガス、給水のインフラ設備も一新しました。また、1階部分は一部減築を行い駐車スペースを新設し、賃貸住戸は競合の多いワンルームを避け、安定した入居が望めるファミリー層をターゲットとした住戸へとリノベーションしました。

賃貸フロアとした2階住戸

LDK

水回り

オーナー住戸

LDK

玄関

共用部

外観

共用階段

共用廊下

屋上

減築して新たに設けた駐車スペース

担当者より

沖縄県は気候風土の特性上、本土と比べると小規模な建物でも鉄筋コンクリート造の割合が多くを占めます。鉄筋コンクリート造の建物は適切に維持管理を行えば100年以上持つと言われていますが、建築時に不適切な材料が用いられていたり、メンテナンスを怠れば数十年で劣化が進行してしまいます。木造と比較すると解体費が多分に要すため、危険な状態のまま使用、放置されている建物が少なくありません。そうした建物も適切なリノベーションを行えば使い続けられることを示せる事例になりました。

OUTLINE

物件名 / PORT APARTMENT

所在地 / 沖縄県那覇市

構造 / 鉄筋コンクリート造3階建

築年 / 1971年

リノベーション / 2021年

改修前用途 / 共同住宅

改修後用途 / 共同住宅

STAFF

コンサルティング / 塩谷昌洋

設計監理 / 塩谷昌洋

リーシング / ディ・スペック

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら