リノベーション会社の選び方 – リノベーションコラム

不動産を購入してリノベーションしたい。自宅をリノベーションしたい。でも、リノベーション会社ってたくさんあってどこから相談にいけばよいのか、悩んでしまいますよね。リノベーション会社の選び方についてまとめました。

得意分野を見極めよう

リノベーション会社やリフォームと一言に言っても、その特徴や成り立ちはさまざまです。

水廻りの設備交換や、クロスの張り替えなど、具体的に内容が決まっていて、選ぶものも大手メーカーの設備が中心の場合は、地域のリフォーム屋さんがおすすめ。比較的安く、スピーディに工事を手配してくれます。採用したい住宅設備メーカーの提携店などでも工事の依頼が可能です。

間取り変更を含む全面的なリノベーションを検討している場合は、わたしたちのようなリノベーション会社に相談してみるのがおすすめです。デザインの幅も広く、提案力があります。多様な施工事例がある会社であれば、設備や内装仕上げのセレクトの幅も広がります。大規模な工事では多岐にわたる工事を取りまとめて全体のスケジュールや予算管理を行います。

その他にも、デザインをとことん追求するアトリエ系の設計事務所や、大規模な物件のリノベーションやコンバージョンを得意とする会社、耐震改修や断熱リフォームを得意とする会社など、その会社の得意分野は様々です。ここでミスマッチがあると、完成してからイメージと違って後悔したり、費用が想定よりもかかってしまうことも。どんな実績があって、どんなことが得意で、逆にあまり得意ではないことは何か、をよく見極めて自身の希望とあった会社を選びましょう。もちろん、遠慮なく聞いていただいて大丈夫です!

 

リノベーションを依頼する会社、何を重視する?

不動産の購入から依頼するなら

物件を購入してリノベーションする場合、不動産の手続きとリノベーションの打ち合わせ、それぞれ融資の手続きなどが同時進行します。全体を通してまとめて依頼したい、という人はワンストップで対応してくれる会社を検討しましょう。物件の購入前から、検討物件でどんなことができるのか、どのくらいの費用がかかるのかを確認できるので全体の予算やスケジュールの計画が立てやすくなります。

保有免許と資格者の数は要チェック

建築確認申請を伴わないリノベーションの設計には実は資格は必要ありません。全く知識のない人が「よし、明日からリノベーション会社をやろう!」と思い立ってもすぐにできてしまうのです。とはいえ、設計には建築の専門的な知識は不可欠です。また、すでにあるものに合わせていくリノベーションは、イチから計画できる新築よりも現場での経験が計画の上で大切になってきます。プロに任せる方が安心、と考える方は有資格者の所属人数を確認しましょう。

不動産探しから依頼したい場合は宅建免許を自社で持っているかどうか、施工まで自社でしていることを重視したい方は建設業免許を持っているかも要チェックです。

【保有免許の見方】

例えばアートアンドクラフトの場合、不動産取引から設計・施工まで自社で行っているので一級建築士事務所と建設業、宅建業の登録をしています。宅地建物取引業の免許を確認するときは( )の中の数字にも注目してみてください。5年に1回の更新をするたびに( )の中の数字が増えていきます。(1)であれば不動産の取引を始めて5年以内、(2)であれば6〜10年という風に会社の歴史がわかるんです。( )の中の数字が小さいとフレッシュで勢いのある会社、数字が大きくなれば歴史がある老舗の会社、と特徴を捉える目安になります。

ちなみに、大阪府の場合は一級建築士事務所の免許も( )の中はイロハニ・・の順番で5年に1回の更新ごとに文字が変わっていきます。建設業の( )の中は直近の更新年度。(般-3)だと、一般建設業を令和3年に更新したということがわかります。

↓会社概要のページより引用

免許
/許認可
一級建築士事務所 大阪府(ニ)第21250号
沖縄県 第127-3759号
建設業免許 大阪府知事(般-3)第116939号
宅地建物取引業 大阪府知事(5)第46315号
住宅宿泊管理業 国土交通大臣(01)第F00939号
古物商許可 大阪府公安委員会 第621072301393号

 

相見積もりは控えめに

もちろん、工事金額も重要な判断基準。ただし、会社によって工事の進め方はもちろん、見積もりの項目の分け方も大きく違います。設計料や工事監理費、諸経費が別計上されていることもあれば、各項目に割り振られていることも。全く同じ項目で見積もりをすることは難しいので、細かい金額の比較をしてもあまり意味がありません。

また、詳細な現地調査や設計打ち合わせをしていない仮の状態での見積もりはあくまでもリノベーション会社が想定する内容。詳細を決定していくと希望と違っている箇所が多かった、ということもよくあります。細かい項目の金額比較をするよりは、予算を明確に伝えてその中でどれだけの希望が叶えられそうか、担当者とリノベーションの方向性が共有できているかどうかをよく確認しましょう。

費用が不明確なことが不安な人は、定額制サービスを検討してもいいかもしれません。アートアンドクラフトの定額セレクト型リノベーションTOLAはこちら▶︎TOLA

 

 

施工事例は実物を見にいくべし

どの会社も素敵な写真がホームページやSNSに掲載されていて、一見すると違いがわからないことが増えてきました。ただし、写真で見れるのはごく一部。素材感や空間のつながり、全体のバランスなどは実物を見ないとわかりません。また、表面的なデザインがどんなに良くても、施工の品質が悪かったり、目立たないところの納まりがきれいにできていないことも。ショウルームや施工事例見学会、その会社が運営するカフェやショップなどがあれば訪問して細かいところまでじっくり見てみましょう。

また、既存の建物を利用するリノベーションではどれだけ細かく設計をしても、解体後に現場での変更がどうしても出てしまいます。設計者が工事に入ってから、現場とどのような関わりをするかも会社によって異なるのでよく確認しておきましょう。

お金がかかるタイミングはいつ?

工事の申し込みや支払いのタイミングも会社によってそれぞれ。融資を利用する場合は支払いのスケジュールに無理がないかもよく確認が必要です。工期にも無理がないかをよく確認しましょう。

担当者との相性は大切

物件探しから購入、設計打ち合わせ、お引き渡しまで、最短でも半年くらい、長い時だと一年以上もリノベーションの担当者とは付き合いが続きます。希望を適確に捉えてくれるか、質問にきちんと答えてくれるかなど担当者が信頼できるか、実現したいイメージを共有できるかをよく考えて、会社はもちろん担当者との相性も大切にしましょう。

====

いろんな特徴のあるリノベーション会社。気になる会社は、まずは施工事例を見て、スタッフと話してみるのが一番です。アートアンドクラフトの特徴はこちらにとめています。▶︎アートアンドクラフトのリノベーションについて

大阪、神戸、沖縄でリノベーションを考えている方は、ぜひお気軽にご相談にお越しください。

▶︎問い合わせフォームはこちら

大阪R不動産では、リノベーションの素材となる物件紹介もしています。

▶︎大阪R不動産はこちら

ー==============ー

文:松下文子 Arts &Crafts 取締役副社長

リノベーションのご相談や
資料請求は無料で受け付けています

リノベーション・物件購入の疑問や要望、資金計画など何でもお気軽にご相談ください。

 リノベーションのご相談はこちら > 

施工事例が詰まった事例集や最新のイベント情報を掲載したチラシなど、役立つ資料をお送りいたします。

     資料請求はこちら    >

その他の記事

VIEW ALL
一覧に戻る

店舗案内

06-6443-1350
  • 営業時間10:00~18:00
  • 定休日水曜日・日曜日・祝日

ご相談やリノベーション打合せには上記に限らず対応します。
営業日時でのご相談同様、事前にご予約ください。

〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目13-24 1F