WORKS

マンション最上階!勾配天井で叶えた、唯一無二の住まい

一軒、一軒異なるクセのある間取りが特徴的なコーポラティブハウスのリノベーション事例をみて、相談に来てくださったAさん。同じように特徴のある物件を求めて、物件探しを始めました。物件探しが難航する中、屋根裏部屋のあるマンション最上階の一室と出会い、即決!
勾配天井を活かした開放感のあるリビングにキッチン上の吊り天井を差し込むことで、空間の質に変化をもたせながらこの部屋ならではのリノベーションを果たしました。

元印刷工場の蚤の市で買い付けした古材のパレットを加工して作ったカウンターキッチンの腰壁。1点1点表情が異なるため、Aさんが現場で立会って割付をされたこだわりのポイント。

躯体現しの勾配天井を活かした開放感のあるリビング。念願のTRUCK furnitureの椅子で家族や友人の集まる空間に。

吊り天井でキッチン上のみ天井高を低くすることで、落ち着きのある空間に。

週末はプロジェクターで映画観賞。コロナ禍でアーティストがYouTubeで無料配信していたLIVEを映し出して楽しんだそう。臨場感は抜群!

木とアイアンのコントラストにこだわった男前仕様の造作キッチン。

思わず素足で歩きたくなる無垢フローリング。ヴィンテージ感のある元々の節の表情を活かすため、オイル仕上げのみ。

リビングと緩やかにつながる子供部屋。自粛期間中はご主人のリモートワーク部屋としても大活躍。

玄関と土間ストレージは縁側のようにフローリングでつなげて、主寝室の入り口にはアイアンのサインプレートを。

メインの框扉には足場板を組み込んで、あえてマットなツヤ消し黒塗装を。汚れや傷のつきやすいものでも味になる男前テイストの空間。

既存クロスを剥がすと現れたマンション建築当時の職人によるメモ。これもこの部屋にしかない”味”だなと、そのまま残すことに。

アウトドア用品をたっぷり収納できる広々土間ストレージ。

足場板とモルタル仕上げの洗面。帰宅したらすぐに手洗いができる位置に配置。

キッチン→WIC→洗面脱衣室・・と家事動線に配慮した回遊できる間取り。

入居者の声

人と一緒が嫌なんです!
雑誌や実際にカフェを見て回ったりしながら、木とアイアンのコントラストで、とにかく男前な空間のイメージを膨らませていました。そんな中、設計士さんが見つけてくださった古材のパレットは、まさにドンピシャでしたね!住まいの一番の顔になっています。
自分のやりたいことをいかにこだわることができるかが、リノベーションの醍醐味。これからも子供の成長に合わせて、まだまだ増やしていきたいものがいっぱいです!

OUTLINE

案件名:A邸
所在地:大阪市鶴見区
構 造:SRC造
築年月:1989年
竣工月:2018年6月
施工面積:74.68㎡

===
*A&Cで物件探し
*工事費:非公開
写真:平野愛
動画:jyota tomonori
misuzu

担当者より

竣工から2年ぶりに訪れた今、暮らしの中でできたであろう傷や汚れが、空間に「こなれ感」を与え、竣工当時よりもより一層深みのある素敵な空間になっていると感じました。
勾配天井というストックの最大の魅力を活かすべく、模型を作成したり、現場で一緒に割付をしたりと、Aさんこだわりのイメージを共有。夫婦間でやりたい方向性が違うこともあるけれど、なんだかその掛け合いが夫婦漫才を見ているようでとても微笑ましいご家族。これからもそんな掛け合いとともに、住みこなされていく変化が楽しみな住まいです!(芝山)

STAFF

アーキテクト:芝山明日香
コンサルタント:中村美保

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら