WORKS

シンプルなひとり暮らし、ときどき革物作り

昭和53年築、69㎡のマンションを、購入×リノベーションされた事例です。物件を1350万円で購入、リノベーション費用は約800万円お客様はIT関係のお仕事の、男性ひとり暮らし。じっくり言葉を選んで話されるいつも穏やかな方で、いいかんじに使い込んだ自作の革の書類鞄やウエストバックを愛用されています。「リノベーションって何?という不動産屋さんに物件探しをお願いするのは不安ですしね」ということで物件取得からリノベ竣工後に鍵を渡すまでトータルで依頼できるという点でA&Cを選んでくださいました。

全体が同系色でまとめられたLDK

扉の向こうは寝室、小窓の向こうはワークスペースと開け放てば全体につながる。

ナラフローリングと白い壁、淡いモザイクタイルのやさしく落ち着いた雰囲気

洗面のモルタル床に自然に入るクラック(ひび割れ)。

扉のないオープンなキッチン。ゴミ箱も電子レンジも収納されています。

寝室の隣に、革物制作ができるワークスペース。窓を開ければLDK。

寝室からつながるWICはそのまま玄関ホールへつながる回遊プランになっている。

玄関を入ったところ。ベンチ兼下足箱を造作。

トイレの壁は印象を変えて重厚な釉薬タイル貼り。

入居者の声

朝起きたらこう支度して出かける。帰宅したらここでこう靴を脱いで…、 休みの日はここでこうテレビを見ながら…。 こうなっていて欲しい、こうだったらいいなと思っていた事が100%叶っている家で暮らすということが、 こんなにも楽しいことなのかというのが正直な感想です。 友人たちもかなり頻繁に集まってくれていて、居心地が良いと言ってくれています。 もともと自分の希望として、 キッチンに立つ人も同じ空間に居る感じにしたいという事で設計をお願いしたんですが、 それがうまく効いていて、料理を作る人と食べる人の一体感が心地良く、 入れ替わり立ち代わりで誰かがキッチンで何かを作ってるという感じになっていますね A&Cさんは設計・デザインに結構幅がありますよね、 設計士さんの個性や得意技で染まらず、自分の好きなポイントを探してもらえますよ

OUTLINE

物件名 /F

所在地 /大阪市北区

構 造 /鉄骨鉄筋コンクリート

築年月 /1978

竣工月 /20106

施工面積 /69.71

担当者より

ご紹介したマンションは大通りに面していましたが、お部屋は学校に面した角部屋で室内も リフォーム済でシンプルな設備を活かせそう!ということもありスグ購入を決められました。 設計では住まいに必要な要素機能をお伝えくださってからは、私たちからの提案を毎回楽しみにしてくださいました。(中村)

STAFF

設計・監理:岩田雅希

コーディネーター:中村美保

その他の事例