WORKS

リアルケーススタディ オトナのひとり住まい vol.1

「今はひとりだからといって住まいをないがしろにしないで欲しい」そんなメッセージを込めた初のひとり住まいモデル住戸です。誰にも遠慮のない気ままな間取り、充実の住設備、そしてちょっと上質な素材選び。既成の単身者向けマンションでは妥協するしかなかった不一致を見直し、自立したオトナに似合う住まいを実現しました。

ワンルーム。リビングとダイニングを兼ねたソファ使いが部屋を広く見せる。

オープンなベッドルーム。窓際のベッドで明るい目覚めを。

木製パーテションで隔てたパウダースペース。

トイレも内包した広めのバスルームは部屋のような居心地に。

窓際に設けたモルタル仕上げの約3畳の空間〈Den〉

ブリックタイルと人造大理石を組み合わせたキッチン。

2方向からアクセスできるウォークインクローゼット。

シューズクロークや家事室としても応用が効く土間仕上げの〈Mud room〉

独立したランドリー。〈Mud room〉は室内干し派のインナーバルコニーとしても。

OUTLINE

物件名 /新町のアパートメント

所在地 /大阪市

構 造 /SRC造

築年月 /1981年

竣工月 /2014年8月

施工面積 /58.22㎡

STAFF

設計・監理:一森典子

コーディネーター:西川純司

その他の事例