WORKS

オフィスの居心地向上計画を推進する!

平成に入ってから建てられた、比較的あたらしいビル。特に設備や内装に劣化があるわけではないけれど “ひと昔まえ感”が印象に残る、よくある賃貸オフィス。 このビルの、空室数フロアとエントランスや共用部、屋上をリノベーション。無垢木やモザイクタイル、鉄といった思わず触れたくなる素材感のある建材を多用し、金物やフロアサインなど細部までデザイン性を重視。アートアンドクラフトのオフィスづくりのコンセプト”居心地の良いオフィス”をつくりました。

EVホール周り。木目がほっとする。

微妙な表情のあるモザイクタイル

床はチーク材のパーケット。退去時にも一部交換が容易

床材が木だといわゆるオフィス家具でないほうが相性良し

来客も使う共用部分の印象は大切です

サインも大切、細部までこだわります

エントランスはクールに仕上げています。石畳の路地をイメージ

ビルの看板も木を使って印象的に

屋上にはふんだんに植栽を置き、休憩スペースを設けました

OUTLINE

物件名 /KOS西本町ビル

所在地 /大阪市西区

構 造 /SRC11階建

築年数 /平成3年

施工部分 /専有部分、エントランス、共用部分、屋上

STAFF

リノベーション設計・監理:枇杷健一(A&C)

コーディネーター:末村巧(A&C)

その他の事例