WORKS

豊かな暮らしを導くマイルール

こどもが成長しマンション暮らしが手狭になったことで、憧れの庭付き戸建てへの住替えを決意されたYさん。共働き夫婦+こども2人の4人家族。購入されたストックは、郊外に建つ南向きにひらけた一般的な間取りの木造戸建て。応接間のある豪華絢爛な内装を一新。間取りはこうあるべき!といった定型なんてお構いなしに、MudroomやTVroomといった聞き馴染みのないスペースを設けることで、Yさん家族がストレスフリーに、そして、豊かに過ごせる住まいを手に入れられました。

柱や長押は再利用。既存木部と白い壁。新旧ほどよく入り混ることで新品過ぎないどこか懐かしい印象に

こども用本棚の上にブロックや折り紙作品が並ぶ、ギャラリー仕様な廊下。木天井と洗面室へのガラリ戸は再利用

広々としたリビングダイニング。天井解体で露わになったトラス造は白く塗装。床も解体し断熱材を施工、オーク材の無垢フローリング(幅150㎜)で仕上げた

雰囲気が気に入り再利用した格子窓。向こう側はご主人の作業スペース

LDへの扉(左)はYさんに見初められこの家にきた古建具。半円のデザインにあわせて、ニッチやMudroomの扉を造作した

玄関とLDの間に設けた"Mudroom"。家族みんなで使う収納スペース。洗濯機もここに移設し、洗濯→庭に干す→しまうの家事動線がスムーズになるよう設計

元々は玄関にあった収納棚。佇まいがすてき!サイズがちょうどいい!ということで移設。食器棚として活躍している

システムキッチンは再利用。背面にカウンターや収納棚を造作した

鏡付き収納は使いやすい奥行を考えて作ったオリジナル。壁は年代を感じる花柄タイルの上からペンキで仕上げた

テレビがLDの中心になってしまうのが嫌だった。と、TVroomを設けた。ソファーベッドを置き、ゲストルームやこども達の遊び場としても大活躍!

私鉄の沿線拡大と共に開発された閑静な住宅街

入居者の声

暮らしにあった動線を手に入れたことで、ストレスフリーになりました。玄関横にMudroomを設けたおかげで、リビングダイニングに脱いだコートや鞄が放置されることもありません。自然と片付く家になりました。1階で完結する平屋のような暮らしも気に入っています。中古物件を買うにあたり不安もありましたが、検討段階で内覧に同行してもらい、工事でできること、できないことをハッキリと言ってくれたことが信頼に繋がりました。

OUTLINE

物件名/Y邸

所在地/池田市

構 造/木造2階建て

築年月/1976年

竣工月/2016年6月

施工面積/85.26㎡(1F)

写真:増田好郎

担当者より

「来客が多く皆で食事が楽しめる空間にしたい」「ハンモックを吊るしたい」といったご要望をいただき、暮らしを楽しむインテリアが主役になれるよう、リビングは広々と設計しました。自然がお好きなYさんらしい、アウトドアリビングのような開放感のある空間になったと思います。MudroomやTVroomといった特徴ある間取りも、家電の位置が定型とちょっとずつ違うことが、Yさんの暮らしに合い、豊かになったと感じています。(堀野)

STAFF

設計・監理:堀野 彩
コーディネーター:梅山 知里

その他の事例