WORKS

自社ビルを使った特区民泊。余剰床の新たな活用法。

大阪市西区本田。一昔前に比べると住宅地化が進んでいますが多数の町工場が現役で、下町の雰囲気漂うエリアです。この地で60年以上倉庫業・梱包業を営む田中商事さん。不安定な市況の中、新規事業として宿泊事業に興味をお持ちでした。当初は1棟すべてを宿泊施設に改装することも検討されていましたが、それには多額の費用と時間がかかり宿泊業が衰退したときのリスクも大きい。それでは、と私たちが提案したのは特区民泊の活用でした。

建物エントランス部分は宿泊施設としての屋号を入れて新たに塗装。上部の既存袖看板の色に合わせた。

建物エントランス部分は宿泊施設としての屋号を入れて新たに塗装。上部の既存袖看板の色に合わせた。

tanaka_before

【before】建物はほぼ竣工当時のままの姿だった。3階部分の改装に伴い、長期保有することを前提に共用部のインフラ設備は新規全更新を行った。

建物規模はRC造3階建。建築基準法上の確認申請対象にならないよう、3階の旧事務所のうち、100平米未満の範囲で賃貸住宅として改装した

1階では本業が稼働中。輸出品を梱包する箱を作成している様子。1階で梱包し、2階の倉庫で保管するのだそう。

3階までは直階段。2階の事務所への動線を兼ねている。

もともと3階にあったオーナーの自社オフィスは2階倉庫の一角に新設。3階全てを賃貸住宅として貸せるようにした。

3階ホール。1階倉庫に置かれていた廃棄予定の木製パレットをポイント壁として再活用した。

各部屋の室番号札もオリジナルで作成。

3階・賃貸住宅として改装した室内の様子。壁や床は既存の仕上げを剥がすだけに留め、倉庫ビル特有の無骨な雰囲気を活かした。

専有部内に新規設置する水廻り設備は1箇所にまとめ、効率の良い給排水ルートとした。投資額を抑える工夫でもある。

オーナーの声

tanaka_11

大阪のリノベーション会社を探していた時に、大阪商工会議所でリノベーション事例集を見ましてね。それでアートアンドクラフトを知ったんです。はじめは建物をつぶしてマンションを建てようか、倉庫部分をトランクルームとして貸そうかと考えてたんですよ。でも貸しちゃったら本業(梱包業・倉庫業)ができなくなるでしょう。だからリノベーションして自分たちも建物を使いつつ宿泊事業を始めるという決断をしました。これが梱包業の会社として生き残っていく最終手段やと思ってます。 宿が稼動し始めたら世界中に友達つくって梱包屋の名を売っていきたいですね。

OUTLINE

所在地 / 大阪市西区

構 造 / 鉄筋コンクリート造3階建 延床578.23㎡

築年月 / 1968年

従前用途 / 1階:倉庫・作業所、2階:倉庫・作業所、3階:賃貸住宅2戸、事務所3区画

改装工事後用途 / 1階:倉庫・作業所、2階:倉庫・作業所・事務所、3階:旧賃貸住宅1戸(21化)、賃貸住宅3

工事費(企画設計監理費を含む)/ 3階賃貸住宅:1,900万円(税別)

2階自己利用事務所、共用部インフラ設備修繕:2,270万円(税別)

STAFF

コンサルティング担当:小野達哉

設計監理:枇杷健一

その他の事例