WORKS

オリジナルの魅力を活かして

新築・中古の戸建やマンション、古民家など数年間かけてさまざまな物件を巡ったというMさん。辺境の古民家に憧れる夫と、駅近で綺麗なマンションが希望という妻。絶望的な価値観の違いに諦めかけていた時に出会ったのはニュータウンに佇むコーポラティブハウス。築35年でエレベーターもなし。人が住まなくなってから何年も経った古びた室内。だけど何より惹かれたのは「リノベーションしたい!」と不安よりも期待が上回る、オリジナルの素材の良さ。それぞれのイメージは一度捨て、ストック(既存建物)の良さを最大限に活かすことを考えながらリノベーションしました。

入居希望の世帯が集まって、建築家とともに共同でつくる集合住宅である”コーポラティブハウス”ならではの特徴的な間取りと仕上げを残した室内。

マンションなのに玄関を開けるといきなり空の見える中庭がある。大きなガラスの入った木製サッシも元々あったもの。

中庭に隣接したダイニングキッチンは家族の様子やリノベーションした家全体を見渡せるお気に入りの場所。横には既存の袖壁を活かしたスタディスペースもあり、テレワークのときもここで過ごす。ダイニングの壁は今回の工事で唯一、躯体の上から薄塗りしごき材で仕上げた場所。

間取りはほとんどそのまま活かしたが、唯一こだわったのはエントランス。「広い土間に憧れていて少しでも広くしたいと相談したところ、リビングの一角をエントランスにする案をいただき、すぐ採用になりました。(Mさん)」

エントランスの正面には季節のオーナメントをディスプレイできるようにニッチを設けた。「コンクリート壁に囲まれた空間の中で漆喰仕上げのニッチは存在感も安心感もあります。(Mさん)」

エントランス→和室→リビングと回遊できる動線。エントランスと和室を仕切る建具は、古建具を模して新しく製作した舞良戸(まいらど)

打ち放しのコンクリートの壁やラワン材の壁仕上げも物件にもともとあったもの。リビングと和室を仕切る建具はアートアンドクラフトの古物商「まだがんばらせてください」の古い波ガラスの建具を加工して利用している。

食べることが大好きな夫婦のこだわりが溢れた造作キッチン。バイブレーション加工の天板、海外製の食洗器、機能性重視のタッチレス水洗など、キッチンにはより強いこだわりが伺える。”見せる”収納と”隠す”収納のメリハリ感にも注目。扉はオーク材の突板を使用。壁のタイルは割れていた部分など一部を貼り替え。違和感が出ないようサンプルをたくさん取り寄せ、できるだけ既存タイルに近いものを探した。

キッチンと洗面室の間に上階に上がる階段がある空間構成も面白い。上階で遊ぶ子どもたちが階段越しに調理の様子を覗くことも。

既存のカウンターの上にモルタルを塗り、お色直しして再利用した洗面カウンター。「R壁面に沿って床材(キッチン〜洗面所/2階)の貼替えや洗面台のタイルがありましたが、職人さんの仕事ぶりが丁寧で、満足のいく仕上がりとなりました。(Mさん)」

収納+身支度コーナー、ピアノやカウンターでの作業スペースなど、+αの空間として使う予定の洋室。

上階は子供たちのプレイルーム。壁の曲線に合わせてフローリングを1枚1枚カットし、時間をかけて貼り進めた。

入居者の声

単純な図面と概算のような作業的な提案ではなく、しっかり話を聞いて頂き、古いものが好きで既存も活かしたいと漠然としていたテーマを的確に捉えてくれた事、しっかり話を聞いて頂き平面図に二人の想いを詰め込んでくれた事、心のこもったパースで仕上がりのイメージを十二分に伝えてくれた事。既存の間取りを活かしたスタディスペースや10年後の提案など期待を上回る提案をしてくれた事などが依頼する決め手となりました。
リノベーション後は家でゆったり過ごす時間が増え、生花やグリーンを楽しめるようになりました。子どもたちによく”引っ越して良かったね”と言ってくれます。こだわりがあるからこそのリノベーション。物件の購入を決めてからリノベーションの着工までは決断の連続です。納得できる仕上がりにするためにはリノベーション会社との連携はもちろん、家族の協力も不可欠です。心に余裕を持ち、楽しんでリノベーションできることが一番だと思います。(Mさん)

OUTLINE

案件名:M邸
所在地:大阪府堺市
構 造:鉄筋コンクリート造
築年月:1985年
竣 工:2020年
施工面積:99.12㎡

*工事費:非公開


写真:平野愛

担当者より

お二人ともしっかりとこだわりを持って打合せに臨まれました。一つ一つ吟味しながら進めるうちに、打合せが長時間になることも。こだわり派のお二人に寄り添うため、こちらもプロ目線で「より素敵にするにはどうしたら?」を考え、提案を重ねました。細部に至るまでお二人の想いの詰まった住まいになり、ホッとしています。新たな住まいに飾る家具や小物を探しに色々なところに出かけて行っていると伺ったときには、Mさんの日々がより楽しくワクワクするものになってもらえたのかなと感じ、とても嬉しく思います。(川本)

STAFF

アーキテクト:川本美佳
コンサルタント:岡本典子

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら