WORKS

都心部で木造平屋にバイクと暮らす

広告制作関係のご夫婦、0歳児3人暮らしのこちらは、 昭和30年代の木造平屋(約70平米)を購入され、約1200万円でリノベーションされました。 大阪市内の平屋、屋根にはもの干し、希少な物件です。 家づくりのテーマは “好きなように和洋MIX” まずはハーレーとアメリカンなダイニングテーブルからイメージづくりに入りました。

玄関に入るとバイクの停まった大きな土間。古いバイクに、手をかけ愛するご主人たってのご希望。

いちばんの自慢は部屋からバイクが見えること」部屋とは大きなガラス戸で仕切ります。

キッチンはオリジナル制作 解放感があります

緑色が効いた洗面 丸窓も好評とか。

ロフトから見下ろすとこのとおり。家じゅうどこに居ても気配が伝わります

中庭から物見台の様な洗濯干場へ登れるようになっている。

中庭の見えるお風呂

子ども部屋から屋根裏を利用したロフトへあがる階段。奥の欄間などは昔のまま。

外観も周りの雰囲気になじませつつも大きく印象を変えました。

入居者の声

自分たちの要望を現実にしていただき、楽しく過ごしています。 前はマンション住まいだったので、マンションと比べると 冬は寒かったですが、反面、夏は風通しがよく、天井も高いので 涼しく過ごしやすいです。 自慢は、部屋からバイクの見えるところでしょうか。 建材は床材です。今も裸足で気持ちよいですが、 さらに時間が経って味が出てくるのが楽しみです。 設計打合せは毎週毎週なので大変だけど、思いが形になるのは楽しかったですね。

OUTLINE

物件名 /Y

所在地 /大阪市都島区

構 造 /木造平屋建

築年月 /不詳

竣工月 /201011

施工面積/73+27㎡(ロフト)

担当者より

もともと戸建ご希望のお二人でしたが、バイクやお手持ちの家具はアメリカンテイスト。 このお家とどうやってまとめるのかなーと思っていたらポイントカラーやモザイクタイルの効かせ方が絶妙だったのです。 ただの「和風」の家じゃないのがスゴイ。今日も窓全開のお風呂で空を眺めていただけてると思います。(大村)

STAFF

設計・監理:合田昌宏

コーディネーター:大村直子

その他の事例