WORKS

ガレージを内包する賃貸住宅|旧弥生荘

高度経済成長期に建てられた文化住宅が今もなお多く残る東大阪市。風情を感じることのできる光景ではありますが、建築当時から50-60年が経過し、老朽化による危険性や、入居希望者の減少、高齢化などが問題としてささやかれることもしばしば。「旧弥生荘」も同じく、4畳半便所共用、風呂無し20戸の木造アパートで、入居者は既におらず空室となっていました。解体してマンションを新築する計画もあったそうですが、オーナーはリノベーションという選択をしました。

今回の計画にあたり、オーナーの要望は”この建物の風景を残すこと”と”新たな層の住民を呼び込むこと”。その2点を手掛かりに計画を進めていきました。

内部解体工事後

高度経済成長期に建てられた木造アパート。構造や実用面で不安な点が多くあったため、今回のリノベーションで修繕・補強する必要性がありました。また時代の移り変わりによって現在のニーズには適さなくなった間取りや設備についても検討しなくてはなりません。そこで今回は一度内部解体工事を先行した後に実施設計を行い、20戸の共同住宅から3戸の長屋へと再構成しました。

20戸の共同住宅から3戸の長屋へと用途変更

新旧が対比された外観

文化住宅の趣が残る

コンセプトは「ガレージを内包した住まい」 バイクや自転車が趣味で屋内で保管・メンテナンスを行いたい方、自宅をアトリエと兼ねて職住近接な暮らしをする方に向けた賃貸住宅。外壁や躯体など既存の状態を肯定し、従前の建物の記憶を引き継ぎつつも大胆にイメージを刷新しました。

2層吹き抜けで天井高のあるガレージ

バイクや趣味を詰め込むことができる

文化住宅の名残を感じる2階部分

構造用合板仕上げの壁面

木造長屋なので寒さや暑さの影響を受けやすくなっていますが、1階に挿入された白いハコは断熱材・インナーサッシが施され、厳しい季節の避難場所として機能します。設備はガレージを内包した住まいのイメージに合わせて業務用キッチンや、ユニットバス、磁器タイルの洗面を設置。

床・壁・天井に断熱材を施した白いハコ

既存サッシの内側にインサーサッシを設置

業務用のキッチン

磁器タイルの洗面

1616サイズの浴室

OUTLINE

所在地 / 東大阪市

構造 / 木造2階建

築年 / 1963年

リノベーション / 2020年

改修前用途 / 共同住宅

改修後用途 / 長屋

写真:増田 好郎(工事中の写真を除く)

STAFF

コンサルティング / 枇杷健一、土中萌

設計監理 /枇杷健一

リーシング / 山田輝

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら