WORKS

お気に入りは自然と家族が集まるStudySpace

仕事で海外での生活も経験されたHさんご家族。スペインでは海の見えるビラ風のアパートで、イギリスでは緑に囲まれた小さなフラットで暮らしていたそう。日本に戻ってからも個性ある住まいを求めてリノベーションに挑戦。当初から一貫して実現したかったのは、リビングとは別という家族全員で集まって使える、広さのある場所を作ること。完成したStudySpaceでは、ゴロゴロしたり、遊んだり、子供が宿題をしたり・・家族が楽しく過ごせるヒントがたくさん詰まった住まいです。

LDKのそばに設けたStudySpace。家族のコミュニケーションに欠かせないお気に入りの場所になっている。小上がり下は収納スペースに。

家族全員料理をすることが大好き。お気に入りの調理器具をずらりと並べられるように壁いっぱいにキッチンを配置。調理家電をたくさんおきたい!と、コンセントも多めに設置した。

中央に配置したカウンターはIKEAで見つけたステンレス製のカウンター。オリジナルキッチンとデザインがよく合う。子供たちもよくお手伝いをするそう。

勾配天井とトップライトが印象的なLiving。床は杉の無垢フローリングを採用し、使い続けるごとに味わいが増す。仕上げの塗装は家族みんなでDIYに挑戦。思い入れもひとしお。「まだ完成度は50%くらい。これからも家族で手を加えながら楽しんでいきます。」(Hさん)

各部屋ごとにポイントカラーを決めている。KidsRoomの天井や壁は薄いブルーに。壁紙のサンプルをたくさん取り寄せ、子供たちに選んでもらった。

洗面カウンターは洗面所からEntranceに移動させた。広い空間を活かし、外で使うおもちゃの収納やコート掛けも設けた。ベビーカーも室内に置ける。

建築家、遠藤剛生が設計したマンション。敷地内にも緑が多く、近くには公園もある。子育てに優しい環境。

入居者の声

緑や公園も多く小学校にも近い、子育てに適した環境が気に入っています。既存のマンションをみても、同じような雰囲気で面白みを感じられませんでした。人が場所に合わせるのではなく、住む人に合わせて住まいを作るリノベーションが私たちにとっては一番良い選択肢でした。思いのいっぱい詰まった家なので愛着がわきます。これからも少しづつ手を加え、子供の成長に合わせて家族全員が気持ちよく過ごせる空間を作っていきたいと思います。(Hさん)

OUTLINE

案件名:H邸
所在地:豊中市
構 造:RC造
築年月:1985年
竣 工:2019年
施工面積:93.04㎡

*工事費:約1120万円(税別)
*A&Cで物件探し

写真:マツダナオキ

担当者より

ご家族にお会いした時の印象は、とにかく仲良しで明るい!これからも楽しく会話の絶えない毎日を過ごしてもらいたいという気持ちを込めながら設計に取り組みました。竣工後にDIYに挑戦され、私たちの想像超えて素敵なお家になりました!愛着を持って住まいに接してくださるHさん。とても嬉しく思っています。(川本)

STAFF

アーキテクト:川本美佳
コンサルタント:佐藤亜希子

その他の事例

電話・メールでお気軽に!お問い合わせはこちら