【まだがんばらせてください】華麗なる変身

最近ちらほらとリノベーションの物件に採用される【まだがんばらせてください】なものたち。今回は、華麗なる変身を遂げた《No.028 郵便新聞受け》のご紹介です。
さて、なにに変身したのでしょうか?!
・・の前に、まずはプロフィールをご紹介。

《No.028 郵便新聞受け》

こちらは文字通り、郵便や新聞をひゅっと挟むものです。古い家屋の出入り口や塀付近をよーく見ると、たまに見つけることのできるなかなかレアなもの。同様の横バージョンが右から左へ文字が並ぶため、戦前の民家のスタンダードだったのではと推測できます。とすると、御歳80歳超えのおじいさん?!

年齢の衰えを感じさせない、しっかりしたバネでまだまだがんばれるのですが、なんせお口が小さめなので違う用途に・・と思っていた矢先。リノベーション計画中のお客様より、なななんと、「建具の引手に使いたい」とのアイディアが!!!

ということで、とても素敵な広々キッチンの後ろの引き戸に、ちょこんと納まったのでした!たしかに、四角い溝とあのサイズ感は引手にぴったりで、そんな形の特徴を見出したお客様のセンスに脱帽。

しかしこんなにも堂々と「郵便新聞受け」と名乗っているにも関わらず、違う用途に納まって、恥ずかしくないんやろか?と思ったのですが、あのポップな字体で言われると、冗談やでー!と茶目っ気たっぷりに見えて、また一層可愛らしく思えるのでした。

その他、《No.042 おおらかな靴箱》と《No.001 itokiの事務机》も採用して頂きましたBさま、本当にありがとうございました!ぜひぜひ末永くがんばらせてくださいませ◎

===

私もこんなの好き!使ってみたい!!と思われた方はこちらをチェック▼

【まだがんばらせてください】http://acrafts.theshop.jp/
つぶやいてます*@thrift_shop_AC

※月に一度、お店を開けてますので、気になるものがあればぜひご来店を
→次回は今週末 8/23(日)12:00-18:00

===

いまリノベーションを計画中のみなさんはもちろん、これからという方でもピンときたらご相談ください。照明器具1つ、ドア1枚から広がるイメージづくりなんかもアリですよ◎