2017年12月 のアーカイブ

セレクト型リノベーション「TOLA」が新しくなります

2017年12月25日 月曜日

「どのマンションも同じに見えて、ピンとこなかった。」そんな声を多く耳にします。
結果、中古マンションを購入し、リノベーションして暮らす人が増えてきました。
ただ、ゼロから理想の住まいをつくるとなると、クライアントには時間と根気が求められます。そして、自分の思いを建築士に伝えることを難しいと感じる人もいらっしゃいます。
もっと簡単に、安く、それでいて質の高いリノベーションができないか。
そう考え、1998年からリノベーションを始めたアートアンドクラフトが幾多の住まいづくりで得た経験を体系化し、2011年に誕生したのが“セレクト型”の設計システム「TOLA(トラ)」です。

tolastep
中古マンションを購入。アートアンドクラフト自信のプラン集「太鼓判」から間取りを選び、厳選された建材パーツ集「イチオシ」から自分好みのものをセレクトするだけ。

TOLAの発表から6年。その実績をもとに、より多くの要望にお応えするべく、2018年1月からTOLAが新しくなります!!
(*関連イベント紹介と特典情報あります!詳細はblogの最後に)
_NM_0374

■プラン集【太鼓判】に土間プランが登場!
個室は2室確保しつつ、玄関土間を広げたいというご要望に応えました。

名称未設定 1
【太鼓判】既存の間取りに対しA&Cおすすめプランをご用意(タイプ別・全30プラン)。プラン調整対応あり。スタッフが丁寧にコーディネートします。

■【イチオシ】選べるメニューが増えました!
・天井躯体現し
・カラークロス
・小口平タイル、二丁掛けタイル など

セレクト型といえど侮るなかれ。標準工事に無垢のフローリング、タイル仕上げの水回り、オリジナル造作建具などをご用意。根強い人気を誇り、長くつかうほどに味わいの増すアイテムを厳選しています。カラーバリエーションでも組み合わせを楽しんでいただけます。

tola image

■選びやすくなったオプションメニュー
明確な価格体系を実現させたTOLA。標準工事に定額のオプションを好みに合わせて選ぶだけ。あれこれ要望を叶えたい方のために、オプションの価格を見直し更にセレクトの幅が広がりました。

■部分リノベーションにも対応
TOLAは全面リノベーション対応の商品でした。1月からは設備機器再利用や個室はそのままでENT〜LDKの印象を変えたいという部分リノベーションにも対応します!
(*設備機器交換のみの工事はいたしません。詳しくはお問い合わせください。)

image
なお、6月30日までにTOLAでリノベーションお申込いただいた方にはサイトリニューアルを記念して、オプションメニューを3点まで無料プレゼントいたします!〈好評につき期間延長!〉

\\相談したい、TOLAを検討したい方に//
中古マンションの一室をTOLAでリノベーションしたモデルを見学いただけます(事前予約制)。具体的に検討したい、相談したいという方は是非お問合せください。
*モデル見学&相談[予約はこちら

リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2017 総合グランプリ受賞!

2017年12月23日 土曜日

10月にエントリーのお知らせをしていたリノベーション・オブ・ザ・イヤー2017。

156件(!)のエントリー作品の中から一般の方の投票による一次選考を経て
12月14日最終選考の結果発表と表彰式が東京で行われました。

数々の素晴らしいリノベーション事例の中から、新桜川ビル「扇状のモダニズム建築、桜川のランドマークへ」が栄えある総合グランプリを受賞いたしました!

sakuragawa

審査員の皆様からは”価値ある建築物を残していきたい”というリノベーションの原点にかえった企画を行い、過剰な投資をせず建築物の良さを引き出したデザインを評価頂きました。

新桜川ビルを残していく決断をしてくださったオーナー、再生にご尽力頂いた皆さま、一次審査でFacebookから応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

これからも、次世代に引き継いでいきたい建築物の再生を任せていただけるような会社でありたいと思います。

その他の受賞作品、審査員の方々のコメントも是非ご覧ください

*新桜川ビルの詳細はこちらから

12/16(土),17(日) A&Cフリーマーケット開催@京町堀

2017年12月8日 金曜日

「引越しを控えている」
「家具を買い足したい」
「面白い出会いを探している」
そんな方々に朗報です!アートアンドクラフトの『ReSTORE』で活躍してきたインテリアたちを販売します!!スリフトショップ『まだがんばらせてください』の品々も並びますよ。
ーーー
[日時] 12/16(土),17(日) 12時-16時
[場所] アートアンドクラフト オフィス&ショールーム
大阪市西区京町堀1-13-24 1F 〈Googlemaps
*車でお越しの方は近隣パーキングをご利用ください
ーーー
出品予定のインテリアをチラ見せ・・・

フロアライト3本足

布シェードに木製の3本脚のフロアライト


 
サイドテーブル

丸い天板のサイドテーブル


 
フォールディングチェア

屋外でも使用可能なスチール製のフォールディングチェア(クラリン社製)。ネイビー色


 
マットレス(セミダブル)

セミダブルのマットレス


 
ローテブル

ローテーブル。無垢材でつくられた古い大きな裁断台が天板に使われています


 
他にも続々と出品準備中です!どうぞお楽しみに!!
※商品はすべてUSED品です。物によって、キズや色褪せなどがありますことご了承ください。

不動産|閉ざされていた不動産市場が解放される?!

2017年12月7日 木曜日

text=西川純司(Arts&Crafts プロパティコンサルティングユニットリーダー)

最近「◯◯テック」という言葉をよく耳にするようになりました。
AIやビッグデータといったテクノロジーによって今後ますます私たちの生活は便利になりそうです。

「不動産ってよくわからない」
一般の方はそう思う方がほとんどではないでしょうか?
日本の不動産市場は長らく不動産業者と一般消費者での情報の非対称性が問題になっています。不動産業者である私たちですら、どこでどうやって情報が動いているのかわからないことも多々あります。
そんななか不動産分野もテクノロジーとの融合が進み「不動産テック」という言葉が生まれ、今後は「不動産価格の見える化」も進み、情報の非対称性は少なからず解消されていくはずです。

不動産業者へ売却の依頼をする場合、媒介契約(※)という契約を結ぶのですが、その前に査定(※)をしてもらい売却価格を決めなければなりません。
不動産価格は一物四価(※)と言われるように一般の方々にはとても分かりづらく複雑です。
「不動産テック」による「不動産価格の見える化」が進めば、不動産業者の査定が妥当なのかどうなのか、ひとつの指標として強い味方になりそうですが、個別性の強いリノベーションされたような物件も一括りになると正しく評価されないのではとも思います。

アートアンドクラフトがリノベーション事業を開始したのが1998年。
20年の間に約600軒のリノベーションをお手伝いしてきました。
20年という月日の積み重ね、ご依頼いただいた600軒の積み重ねで、最近は売却や賃貸のご相談を受けることも以前にも増して多くなってきています。

アートアンドクラフトで売却をお手伝いさせていただく最大のメリットは会員向けメールマガジンや大阪R不動産で広告を行うため、価値観を共有できるユーザーへ情報を届けられることだと思います。

20年間リノベーションを行ってきた会社だからこそ、不動産そのものの価値に加えリノベーションの付加価値を正しく評価でき、そして次の住まい手へ橋渡しできるような存在でいたいと思っています。

所有の不動産についてのお問い合わせはこちら
https://www.a-crafts.co.jp/contact/business/

アートアンドクラフトでリノベーションさせていただいた物件の売却をご依頼いただいた方には成約決済時に10万円分の商品券をお渡ししています。

r171127

▼不動産豆知識

【媒介契約の種類】
1)一般媒介・・・依頼者は複数の宅建業者に重複して依頼できます。
2)専任媒介・・・依頼者は他の宅建業者に重複して依頼できませんが、自ら取引相手を探して取引することは可能です。
3)専属専任媒介・・・依頼者は他の宅建業者に重複して依頼することができず、依頼した宅建業者が紹介する相手以外の人とは取引できません。

【一般的な不動産査定方法】
1)原価法・・・主に戸建の査定に用いられます
2)収益還元法・・・主に事業用不動産の査定に用いられます
3)取引事例比較法・・・主にマンションや土地の査定に用いられます

【一物四価】
1)実勢価格・・・実際の不動産取引価格
2)公示地価・・・国交省が公示する標準地の価格
3)路線価・・・相続税や贈与税の算定基準となる価格
4)固定資産税評価額・・・固定資産税等の算定基準となる価格