2017年8月 のアーカイブ

【まだがんばらせてください】8/26(土)イベント出店のお知らせ

2017年8月22日 火曜日

アートアンドクラフトのスリフトショップ、「まだがんばらせてください」が今週末芦原橋のイベントに出店します!
こちらのイベントは、クリーニングデイというアップサイクルをテーマとしたイベント。捨てられる運命だったものをデザインの力でうまく再活用している、様々な出店者さんが出揃います◎

クリーニングデイ1クリーニングデイ2

 

会場となっているSALT VALLEYも、パレットなどの廃材をアップサイクルして造られた場所。奥には素敵なお庭が!!3階のキッチンもとっても素敵なので、建物ごと楽しめること間違いなし。

saltvalley

クリーニングデイ3

昨日はひとあし早く搬入に行ってきました。毎度ですがプチ引越し状態、食器棚や靴箱、シブい事務椅子なども初出品します。
みなさん8/26(土)は、ぜひSALT VALLEYへ遊びに来てくださいね!!

*イベントサイトはこちら
https://www.saltvalley.jp/notice/cleaningday2017/

*新しい商品もアップしました!
http://acrafts.theshop.jp

親のヤドカリ Renovation

2017年8月7日 月曜日

アートアンドクラフトでは毎年、数多くの方の住まいづくりをお手伝いしていますが、その3割強が「一戸建」のリノベーションです。「え、そんなに? みんなどうやってオカネ用意してんの? 一戸建なんて無理じゃん。」そう思う方は多いかもしれません。

近ごろ増えているのは、親が所有する家をリノベーションして引っ越す人です。長く空き家となっていた場合もあれば、親がマンションに引っ越し玉突きで子世代が実家に暮らすことも。かつて商売で使っていた実家の建物を使うこともあれば、子がいない叔母さんから家を提供されるケースなど多種多様。

共通する背景として以下の要因が挙げられます。
・実家が田舎ではなく親子とも都会暮らしという人が増えた
・兄弟が少なくなり夫婦どちらかの親の家が使える状況が増えた
・土地付きの家に執着しない親世代が増えた

子世代としては、
・子育て期には多くの生活費が必要で住宅購入に資金が回せない
・しかし、その時期こそ広い一戸建に暮らしたい
・そのままの実家じゃ嫌だがリノベーションできるなら住みたい

親世代にもメリットはあるようです
・広さを持て余し将来はマンションに越したいと考えていた
・かといって思い出が詰まった家を手放したくはない
・盆や正月に一族が集まれる場所も残しておきたい

そう、実家の居住者を親から子世代にスイッチするだけで、このような互いのミスマッチが解消すると気がついたのです。まさに親のヤドカリ、そしてリノベーション。今後ますます増えそうな気がしています。が、いざスタートしようとすると解らないことも出てくるようです。

リノベーション前に受ける質問は以下のようなもの
・親子間で安く売買するの? それとも賃貸?
・親から借りるなら家賃はいくらで設定すべき? 無償もOK?
・親の名義のままで自分たちがリノベ費用借りられる?

まずはアートアンドクラフトにご相談ください。コチラ
その前に「自分たちにも使える一戸建なかったっけ!?」

沖縄でもレストアしています

2017年8月3日 木曜日

text: Arts&Crafts 沖縄事務所

廃棄寸前の名車などを修復し、再生することを英語でレストアと言います。
アートアンドクラフトでは、中古マンションやボロボロの戸建などを仕入れ、
配管や下地から再生、販売する事業を ReSTOREという名で呼んでます。

実績は大阪が多いですが、沖縄でも2013年から地味にレストアしてます。
マンションだけでなく一戸建もコンクリートで造る住宅文化がある沖縄は、
実はレストアに向く都市なのかもしれません。
バージョン 2
この度、那覇市で質のいい中古マンションを1室仕入れました。
今回はどんな部屋に仕上がり、どんな人に気に入ってもらえるか。
いまから楽しみです!

※沖縄事務所ではこんな仕事をしています